あなたはアンドロイド派?iPhone派? Twitter in 佐賀

img_mobiledevice_insaga2
記事

アメリカGNIP社が提供するmapboxというサービスの中で「どの地域で、どんなデバイスで、どれくらいツイートされているか」を可視化してくれるツールがあります。

広告

▼mapbox
https://www.mapbox.com/labs/twitter-gnip/brands/

Andoroid、iPhone、Blackberry、そのほか の4つのデバイス(OS)を分けて見ることができます。たとえば日本全体で見ると、以下の様な画になります。

Twitter in 佐賀

iPhoneでのTwitter投稿を赤で、AndroidでのTwitter投稿を緑で可視化しています。

東京をピークとし、主要都市が明るく光っているのがわかります。
全体的に、赤が強いように感じます。
日本ではiPhoneによるTwitter投稿が多いようです。(数値までわかるといいのに!)

左上に見える韓国では、緑が多めですね。ギャクシー等のデバイスを開発するサムスンや、LGエレクトロニクスの本拠地ということもあり、搭載OSであるAndroidの利用者が多いのでしょうか。

では、佐賀県単体ではどうでしょう。

 

Twitter in 佐賀

え……っと

少々明かりが減りましたが(笑)佐賀市・鳥栖市・唐津市・武雄市あたりを中心にぼんやり明かりが見えます。右上に明るく輝くのは、博多-天神付近です。これに佐賀県のラインを入れてみました。

Twitter in 佐賀

これを見る限り、iPhoneユーザーが多いとか、Androidユーザーが多いといった「極端な」傾向は見えないように思います。

 

これをAndroidとiPhoneでそれぞれ見てみます。

▼Android

Twitter in 佐賀(Android)

▼iPhone

img_mobiledevice_in_saga_5

やっぱり、極端な違いはないように見えます。とすると、iPhoneユーザーによるTwitter投稿が比較的多かった日本全体の構成比と比較すると、Androidユーザー(緑)の構成比が高いといえるかもしれません。新製品発表時など、iPhoneと比較するとAndroidのほうが販売店が多く、都市部以外にも入手しやすいことが原因かもしれません。

少々古いデータではありますが、2012年のインターネット白書の公開データによると、機種別の人気ランキングはiPhoneが飛び抜けているものの、使用されているOS単位でのシェアをみると、デバイスの種類が多いAndroidが6割を超えるシェアを持っているようです。

機種別

インターネット白書

OS別

インターネット白書

(via)インターネット白書2012

少々乱暴な仮説をすると、Twitterを頻繁に使用するユーザー層は、Andoroid OSのほうが普及しているにもかかわらず、iPhone(i)OSののほうが多い。と言えるかもしれません。(注:佐賀県では同規模) 

なお、Clip!SAGAのTwitterアカウントはこちらです!

関連記事一覧

about ClipMagazine

Clip Magazineは福岡・佐賀・長崎のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州のイケてるヒト・モノ・コトにフィーチャーしてお届けします。
Clip Magazine