ハウステンボスで「100万本の大チューリップ祭」開幕、「光の王国」も同時開催

tulip
アート

2018年2月10日(土)から4月15日(日)まで、日本最多700品種・九州最大級100万本が咲き誇る、ハウステンボスの春の風物詩「チューリップ祭」を開催。

広告

三連風車とチューリップがコラボレーションする「フラワーロード」をはじめ、生演奏やホテルグルメと共にチューリップを楽しめる「アムステルダム広場」、世界的デザイナーが監修した庭園が登場する「パレス ハウステンボス」など、場内各所で様々なスポットを展開。また3月11日までは期間限定で、運河に浮かぶ「チューリップピラミッド」も新登場。

さらに夜にはライトアップされたチューリップや、有機ELで輝く世界初の「光るチューリップ」なども現れ昼とは違う幻想的な雰囲気に。世界最大1,300万球が輝く「光の王国」も開催中。

PHOTO:©ハウステンボス/J-17959

イベント概要

『100万本の大チューリップ祭』
日程:2018年2月10日(土)~4月15日(日)
時間:9時~22時 ※日によって異なる
場所:ハウステンボス
住所:長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1
入場:1DAYパスポート(18歳以上) 7,000円 / 散策チケット(18歳以上) 4,500円
   ※2018年3月以降の新料金
   ※その他チケットについては公式WEBサイトをご確認ください。
定休:年中無休
電話:0570-064-110(総合案内ナビダイヤル)

見どころ

チューリップピラミッド

チューリップピラミッド

※写真はイメージ


運河に浮かぶ高さ3mのチューリップの島が、水辺をカラフルに彩ります。

パレス ハウステンボス

パレス ハウステンボス

世界一有名なフラワーパーク「キューヘンホフガーデン」をデザインしたジャクリーン氏が監修。作品テーマは「春の花束」。

フラワーロード

フラワーロード

ハウステンボスの春のシンボル。一面のチューリップ畑と風車の景色は随一のビュースポット。

光るチューリップ

光るチューリップ

昼の雰囲気とは一味違う幻想的な風景がヨーロッパの街に広がります。

光の王国

世界最大級のイルミネーション「光の王国」

日本最大のテーマパークが、幻想的なイルミネーションの光に包まれます。2018年5月6日(日)まで開催。

アクセス

佐賀方面からのアクセス

[JR佐賀駅から] 佐賀駅→JR大村線ハウステンボス駅
[佐賀空港から] 佐賀空港(リムジンバス)→佐賀駅バスセンター→ハウステンボス駅
[高速バス] 高速基山→(西肥バス・西鉄高速バス)→ハウステンボス
[高速道路] 西九州自動車道→佐世保大塔IC→(国道205号)→ハウステンボス

関連記事一覧

about ClipMagazine

Clip Magazineは福岡・佐賀・長崎のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州のイケてるヒト・モノ・コトにフィーチャーしてお届けします。
Clip Magazine