【チケットプレゼント】アメリカ拠点のアニメーションスタジオ「トンコハウス」の九州初展覧会開催、三菱地所アルティアムで7月21日から

2018artium_tonko01-494x700
アート

7月21日(土)〜9月2日(日)、三菱地所アルティアム(イムズ8階)で、アメリカ拠点のアニメーションスタジオ「トンコハウス」の展覧会を開催。

広告

トンコハウスは、ピクサーのアートディレクターだった堤大介とロバート・コンドウが立ち上げたアニメーションスタジオで、彼らの初作品となる短編映画『ダム・キーパー』は、国際映画祭で20以上もの賞を受賞。短編映画のほか、2017年には1話5分、全10話のシリーズ作品『ピッグ 丘の上のダム・キーパー』が発表され、現在は『ダム・キーパー』をもとにした長編映画の制作に取り組んでいる。

本展では、トンコハウスのアニメーションにかける想いに迫りながら、NHK Eテレで放送されたシリーズ作品や制作中の長編映画などを紹介。温かみあるかわいらしいキャラクターデザイン、深く考え抜かれたストーリー設定、光や街が美しい背景デザインなど見どころ満載の展覧会となっている。

イベント概要

『トンコハウス展 「ダム・キーパー」の旅』
日程:2018年7月21日(土)〜9月2日(日)
時間:10時〜20時
料金:一般 400円 / 学生 300円 / 高校生以下 無料
※前売は上記金額から各100円引き
※アルティアムカード会員・三菱地所グループCARD(イムズカード)会員無料

会場:三菱地所アルティアム
住所:福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8階
電話:092-733-2050
主催:三菱地所、三菱地所アルティアム、イムズ、西日本新聞社

作品紹介

2018artium_Tonko05-575x310

『ダム・キーパー』
© 2017 Tonko House Inc. ALL RIGHTS RESERVED

2018artium_Tonko03-550x310

『ピッグ 丘の上のダム・キーパー』
© 2017 Tonko House Inc. ALL RIGHTS RESERVED

プロフィール

堤 大介

東京都出身。スクール・オブ・ビジュアル・アーツ卒業。Lucas Learning、Blue Sky Studio などで『アイスエイジ』や『ロボッツ』などのコンセプトアートを担当。2007 年ピクサー入社。アートディレクターとして『トイ・ストーリー3』や『モンスターズ・ユニバーシティ』などを手がけている。2014 年7月ピクサーを去り、トンコハウスを設立した。71 人のアーティストが一冊のスケッチブックに絵を描いて、世界中に回したプロジェクト『スケッチトラベル』の発案者でもある。

ロバート・コンドウ

南カリフォルニア出身。ロサンジェルス近郊のアートセンター・カレッジ・オブ・デザインを卒業。2006 年、憧れていたピクサーでスケッチ・アーティストとして『レミーのおいしいレストラン』の制作に携わる。その後、背景美術監督として『レミーのおいしいレストラン』『トイ・ストーリー3』『モンスターズ・ユニバーシティ』を手がける。2014年7月ピクサーを去り、トンコハウスを設立。新たなチャレンジと冒険の毎日を送っている。

アクセス

Clip!MAGAZINE チケットプレゼント

Clip!MAGAZINEをご覧になった方に、「トンコハウス展 「ダム・キーパー」の旅」チケットを2名様にプレゼントいたします。下記フォームからご応募ください。
※この応募フォームで取得した個人情報は、当選のお知らせ・チケット送付においてのみ利用させていただきます。

お名前
例:山田タロウ

メールアドレス
例:taro@yahoo.co.jp

チケット配送先ご住所
例:福岡市中央区天神1-2-3

応募締切:2018年7月15日(日)
当選発表:当選者の発表はプレゼントの発送をもって代えさせていただきます。

関連記事一覧

about ClipMagazine

Clip Magazineは福岡・佐賀・長崎のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州のイケてるヒト・モノ・コトにフィーチャーしてお届けします。
Clip Magazine