1月7日、佐賀市出身のジャズベーシスト池田達也による「たつやせっしょん」開催

ikeda
イベント

1月7日(日)、佐賀市のライブハウスRAG-Gで、佐賀市出身のベーシスト・池田達也主催の「たつやせっしょん」を開催。

広告

今回のライブは、池田達也のほか、フルート奏者のELIKO、ピアニストの畑野圭慧(はたのよしえ)、ボーカリストのBON、ドラマーの嘉悦悠が出演。

イベント概要

『たつやせっしょん』
日程:2017年1月7日(日)
時間:開場 17時30分 / 開演 18時
料金:前売 3,500円 / 当日 4,000円 ※要1Dオーダー制
   学生は 前売・当日共に1,000円OFF ※要1Dオーダー制
会場:RAG-G
住所:佐賀市松原3-3-4
電話:0952-26-2687

出演者紹介

ikeda

池田 達也


レギュラー・ベーシストとして色々なグループへの参加を経て、現在は、自己が主催する「たつや せっしょん」をはじめ、様々なセッション、スタジオ・ワークへの参加のほか、アレンジャー、音楽プロデューサーとして、更にはMCや芝居もこなすマルチ・ベーシストとして活躍中。ベーシストとしては、アコースティック・ベース(ウッド・ベース)とエレクトリック・ベース両方の弾き手として、数々の有名シンガーのサポートをはじめ、T-SQUARE、ジャズピアノの巨匠ジュニア・マンス、ビック・バンド、サルサ、J-ポップ系のレコーディングと、その演奏範囲は多岐に及び、国内外の数多くのアーティストとの共演を重ねている。

たつやせっしょん(1)
池田達也
インディーズ・メーカー (2003-12-20)

Eliko

ELIKO


13歳より独学でフルートを始め、桐朋学園大学音楽学部演奏学科フルート科卒業後ベルギーに渡り、ブリュッセル王立音楽院を最高得点を得て卒業。同時に国家演奏家資格を取得する。同音楽院在学中、2006年、ベルギーのミュージックマネージメントカンパニーにアーティストとして登録し、ベルギー・イクセルコミュンが主催する「若き音楽家のためのリサイタル」に招かれ成功をおさめ、ベルギーの女性誌「働く女性」に掲載され、好評を得る。また阿川佐和子氏から「こんなに力強いフルートの音色を聴いたのは初めてである」とのコメントをもらうなど、各界で従来のフルートの演奏概念を超える男前の演奏ぶりが話題となる。

hatano

畑野 圭慧


大阪芸術大学通信教育部芸術学部卒。天性のセンスを活かした耳コピーや即興性の演奏も得意としており、そのレパートリーの多さと様々なシーンへの対応には確かな定評がある。12年夏より、福岡に拠点を移し『麗音(rai・on)』、『CloVer LaboRatory』のメンバーとしても始動開始。ピアノだけでなく、全面的な編曲も担当。また14年10月24日初の自身の1stCDリリース、全国流通開始。リリースツアーは満員御礼の大成功を収める。また、2014年12月オリジナル曲『Canvas』がdocomo九州支社CMとのタイアップ決定。更なる活動の場を広げて、福岡・佐賀を中心に九州内外問わず、精力的に活動中。

bon

BON


熊本県出身。熊本に在住の折から本格的なヴォイストレーニングを受け、2011年より福岡へ活動の場所を移す。その後、Gate’s7でのレギュラーライブをはじめ、各種イベント出演など精力的な活動を展開。繊細かつ情熱的なその歌声は、聴く人の心を揺さぶり幅広い年齢層から支持を受けている。2013年、熊本ペイあのplus、2014年福岡ROOMSでのワンマンライブを開催。地元熊本でのファンも多く、ライブは大成功を収める。2015年に1stオリジナルCD「VOICE」をリリースし、BONの独特の世界観があますことなく具現化されたその作品は、音楽関係者から高い評価を受けている。

kaetsu

嘉悦 悠


福岡県出身。5歳からクラシックピアノを学ぶ。13歳よりドラムに転向。音楽の専門学校を卒業後、プロ活動を開始。ライブハウスへの出演やパーティでの演奏など、幅広い活動を展開。歌心を大切にし、繊細かつ大胆な表現に定評がある。ジャンル問わず各地にて活動中。2014年、TBSニンゲン観察バラエティ「モニタリング」にてサプライズ演奏をし、2015年には中洲ジャズ2015に参加。

アクセス

関連記事一覧

about ClipMagazine

Clip Magazineは福岡・佐賀・長崎のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州のイケてるヒト・モノ・コトにフィーチャーしてお届けします。
Clip Magazine