【多久】お盆の2日間にわたる「多久山笠」6m級の山笠が多久駅前を練り歩く

多久山笠
アート

多久山笠は、お盆の8月15日〜16日に多久駅前の荕原・砂原地区で開催される夏祭りです。その歴史は60年以上におよび、地域の恒例行事として定着しています。

広告

その歴史をたどると、「荕原大綱引き」と「天徳寺大師まつりと」の協賛行事として行われていたが、盆綱引きに代わるものとして、昭和23年に第一回の荕原大山笠祭りとして行われました。その後いくつかの変遷の後、昭和60年から砂原地区と共催行事として今日まで続いています。

夕方になると飾り付けられた二台の人形山笠と高さ6m程もある四角型と三角型の提灯山笠、はやし方が笛や太鼓の音色を響かせながら、多久駅前大通りを約1kmにわたって練り歩きます。

駅前通り・広場では提灯山の組み立ての披露、よさこいソーランの披露、地元おやじバンドによるライブなども行われ、沿道には沢山の露天の屋台も並びお祭り気分を盛り上げ多くの方々で賑わいます。また、多久駅北側の多久市まちづくり交流センター「あいぱれっと」の施設内では8月1日から20日まで山笠のこれまでの歴史を振り返るパネル展も開催され、こちらを見ながらゆっくりとくつろいでいただくこともできます。

さらに、祭りのフィナーレ(16日21:00~)には約800発の花火が夜空を彩ります。

※花火大会は雨天の場合、延期となります。

イベント概要

第69回 多久山笠

日程:2017年8月15日(火)16日(水)
時間:18時 ~ 22時
会場:JR多久駅周辺
住所:多久市北多久町大字小侍1024
電話:0952202203

関連記事一覧

about ClipMagazine

Clip Magazineは福岡・佐賀・長崎のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州のイケてるヒト・モノ・コトにフィーチャーしてお届けします。
Clip Magazine