5月20日、畑野芳恵・KOTETSUら実力派ミュージシャンが集まるSerendipity vol.3を開催

Hatano Yoshie Presents ~Serendipity vol.3~
イベント

佐賀市出身のボーカリストKOTETSUをはじめ、畑野芳恵を中心に実力派ミュージシャンが集まるSerendipity vol.3を佐賀市RAG-Gで開催。

広告

イベント概要

Hatano Yoshie Presents ~Serendipity vol.3~
日程:2017年5月20日 (土) 
時間:開場 18:30 / 開演 19:00
料金:前売 3500円 / 当日 4000円(要ワンドリンクオーダー)
会場:佐賀RAG-G
住所:佐賀市松原3-3-4
電話:0952-26-2687
出演:
・KOTETSU (vo.)
・畑野 芳恵 (pf.)
・坂上 領 (笛いろいろ)
・垣替 啓介 (dr.)

出演者紹介

KOTETSU


佐賀県佐賀市出身。10歳の頃、テレビで見たトロンボーンに憧れて、ブラスバンド部に入部し、トロンボーンを始め、以後中学、高校と吹奏楽部で活動。
15歳の時に聴いたBoyz II Menの歌に衝撃を受けて以来、ブラックミュージックに傾倒し、ボーカリストを志すようになる。
佐賀西高等学校を卒業後、洗足学園音楽大学音楽学部音楽科Jazz科に入学し、米国Berklee College of Musicに奨学金を得て留学、卒業。
ボーカルを西田麻美、Dana Hanchard、Jerome Kyles、Jeff Ramsey、Gabrielle Goodman 各氏に師事。
2011年より”KOTETSU”名義で首都圏を中心にでプロミュージシャンとして活動を開始。
ブラックミュージック全般に精通したその歌声は各方面に評価され、映画音楽では2011年、俳優の織田裕二氏主演映画”アンダルシア”、2013年、福山雅治氏主演映画”ガリレオ ~真夏の方程式~”の劇中歌にその歌声が採用される。さらに、ジャズピアニスト、クリヤマコト氏が主催したアドリブコンテスト2011に於いて東京部門で優勝、SUPPORTED BY THELONIOUS MONK INSTITUTE OF JAZZOSAKA ASIAN DREAMS JAZZ COMPETITION2013では、3位入賞など複数のコンペティションに置いて受賞暦を持つ。クリヤ・マコト氏とのユニット”KOTETSU meets クリヤ・マコト”、Daisuke、吉岡悠歩とのコーラスユニット”DUK’s”の他、2013年にはシンガー、マリーンのレコーディングやツアーに参加、2014年にはクリヤ・マコト、マリーンと共にロンドンで行なわれた、”Tokyo Jazz Fest London 2014″に、同じくクリヤ・マコトとは、2015年にも、ポーランド、シチェチン市で行なわれた、同国と日本の交流ラジオ番組、ライブに出演するなどその活動が国境を越え多岐に渡る中、Jazz/R&Bにスタンスを置いた自身のユニットでの演奏活動も精力的に行っており、今後の活躍がが期待される若手シンガーである。代官山音楽院講師、洗足学園音楽大学非常勤講師。

畑野 芳恵


大阪芸術大学通信教育部芸術学部卒。在学中より本格的に活動を開始し、独自のスタイルと音楽表現の追求に励む。天性のセンスを活かした耳コピーや即興性の演奏も得意としており、そのレパートリーの多さと様々なシーンへの対応には確かな定評がある。
また、これまでに、ジャズベーシスト金澤英明氏、大衆演劇界カリスマの橘大五郎氏、アニソン界の新星時任良治氏等との共演や、福岡の様々なアーティストのサポート演奏、レコーディング参加など、活動は多岐にわたる。畑野芳恵の奏でる感性とぬくもりのある音楽、そして時に情熱的な演奏中の独特のオーラは聴く人を惹きつけてやまない。12年夏より、福岡に拠点を移し『麗音(rai・on)』、『CloVer LaboRatory』のメンバーとしても始動開始。ピアノだけでなく、全面的な編曲も担当。また14年10月24日初の自身の1stCDリリース、全国流通開始。リリースツアーは二会場とも(アクロス福岡・浪漫座)満員御礼の大成功を収める。また、2014年12月オリジナル曲『Canvas』がdocomo九州支社CMとのタイアップ決定。更なる活動の場を広げて、福岡・佐賀を中心に九州内外問わず、精力的に活動中。

FACES
畑野芳恵
キャピタルヴィレッジ

坂上 領


東京大学教育学部附属中学校にて、中学1年の時に同校のオーケストラに入団するのをきっかけにフルートを始める。
日本大学芸術学部音楽学科フルート科に進学し本格的な音楽活動を開始。卒業後、現在に至るまで、様々なジャンルを「広く深く」追求。
自己のユニット『piada』にて「繪本図書館」「天球遊歩道」「雪原夜想曲」の3枚をリリース。2014年には13年目になるリーダーバンド『チャランガぽよぽよ』初となるアルバムをリリース。
これまでに共演、録音参加したアーティストに生田絵梨花(乃木坂46)、松下奈緒、元ちとせ、NAOTO、高嶋ちさ子、Monday満ちる、Sound Horizon、加護亜依、スガシカオ、亀梨和也、河口恭吾など、多数。その他作品としては、篠山紀信『digi+kishin』、映画『テルマエロマエ2』、NHK『名曲アルバム』、NHK連続テレビ小説『つばさ』、アニメ『スティッチ!』『ケロロ軍曹』、ゲーム『レイトン教授』シリーズ、『GRAN TURISMO 5』、『LIGHTNING RETURNS : FINAL FANTASY XIII』など。
また、雑誌「THE FLUTE」「THE SAX」にて連載、「THE FLUTE」vol.125では表紙を飾る。2015年には初の著書「坂上領の聴きたい、吹きたい、あれこれ〜Jazz&Pops FLUTE Lesson Book〜」を出版。現在ではフルート以外にEWI、リコーダー、オカリナ、ティンホイッスルなどを駆使し「笛いろいろ」奏者として活動中。

垣替 啓介


高校卒業後、専門学校にて本格的にドラム、パーカッションを学ぶ。
現在は福岡を中心に、様々なジャンルのバンドでのセッションやサポート、CM録音などのスタジオミュージシャン活動、講師活動など、幅広く活躍中。

フライヤー

Hatano Yoshie Presents ~Serendipity vol.3~

関連記事一覧

about ClipMagazine

Clip Magazineは福岡・佐賀・長崎のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州のイケてるヒト・モノ・コトにフィーチャーしてお届けします。
Clip Magazine