嬉野温泉で箱庭の芸術祭「線香花火」開催、300年続く日本の伝統文化を舞台化

senkou-2
アート

9月23日(土)と24日(日)の2日間、線香花火の世界観を舞台化した箱庭の芸術祭「線香花火」を嬉野温泉 和多屋別荘で開催。

広告

線香花火に使われる火薬はわずか0.08g。100分の1gの増減でその燃え方は大きく変わり、線香花火の燃ゆる音色は一刻一刻とその表情を変える。そんな繊細で儚く美しい線香花火の世界観を「現代サーカス」と「日本伝統芸能」のアーティストがノンバーバル演出(セリフを使わない)で舞台化。

イベント概要

hanabi_1

『箱庭の芸術祭「線香花火」』
日程:2018年9月22日(土)・9月23日(日)
時間:20時30分〜
料金:入場無料
会場:嬉野温泉 和多屋別荘 日本庭園「箱庭」
住所:佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙738
電話:0954-42-0210
WEB:http://www.wataya.co.jp

主催:和多屋別荘
制作:和多屋別荘 / インプレサリオエンターテインメント
協力:筒井時正玩具花火製造所

箱庭の芸術祭について

和多屋別荘では、日本の伝統文化の継承と発展を目的とした「箱庭の芸術祭」を定期開催しており、「伝統と革新」をテーマに現代感性を取り入れた演出で、日本伝統文化の新しい魅力を楽しめる。
伝統芸能とサーカスのアーティストが一堂に会する箱庭の芸術祭も、今回で18回目。
二万坪の豊かな敷地の中にある日本庭園を舞台に、ジャグリング・アクロバット・タップダンスなど総勢9名のアーティストが夏の風物詩「線香花火」をテーマとした30分間の特別演目を披露。

フライヤー

hanabi_2

アクセス

関連記事一覧

about ClipMagazine

Clip Magazineは福岡・佐賀・長崎のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州のイケてるヒト・モノ・コトにフィーチャーしてお届けします。
Clip Magazine