INTERVIEW:ORANGE RANGE – 地元に住んで、曲作りしながら日本中でツアーできて、いまが一番充実してる。

img_orangerange_5
インタビュー

バンド結成から15周年を迎え、コラボベストアルバムも好評のオレンジレンジ。

9月から開催される全国ツアー佐賀公演に先駆けて、佐賀を訪れたボーカルのYAMATOさんとギターのNAOTOさんに、15周年をむかえた現在の心境や想いをきいてきました。

広告

オレンジレンジ

エガちゃんファンなので、佐賀のことはとても気になってます

– 前回2009年12月から約7年ぶりの佐賀公演になりますね

YAMATO:いろんな場所をまわらせてもらってますが、当時の写真をみながら「佐賀はこんなとこだったな」なんて思い出すことも多いですよ。

– 会場から抜けだすチャンスもあるんですか?

YAMATO:ツアー中は現地のたべものを食べに出かける機会も多いです。これが楽しみでもあるし、今日もがんばろうって思います。普段沖縄にいるんで、沖縄料理やそば文化が強くて、おいしい麺類になかなか出会えないんです。
おいしいラーメン屋さんをまわるのも楽しみなんです。

– 佐賀のちゃんぽんは大量の野菜で魚介類が少なめ、スープがとんこつベースでおいしいですよ

NAOTO:魚介類が苦手なので、佐賀ちゃんぽん食べてみたいです(笑
エガちゃんピンのファンなので、佐賀のことはとても気になってます。

※江頭2:50さんのバラエティ番組

オレンジレンジ

いろんな楽しみ方をしてくれるように感じます

– 15周年をむかえて、デビュー当時から心境の変化などありますか?

YAMATO:活動自体は、ライブもコンスタントにやって、曲もつくってるのでそんなに変わらないんです。
でも、環境やスケジュールなどの変化で心のゆとりが増えました。
デビュー当時はいそがしすぎて、ゆとりがなかったですね。
テレビなどは露出が減ったかもしれないですけど、コンスタントに作品を発表して、ライブも続けることができてる。とくにライブに集中出来ているって感じてます。

– 15年間でステージから見えるお客さんも変わってきますか?

ライブハウスはスタンディングなので、若いファンの方が多いです。
ホールは座席があるので、小さい子からおじいちゃん・おばあちゃんまで楽しんで頂いています。

デビューからずっと応援してくれる方は子どもを連れて来てくれるようになって、あたらしいお客さんはライブハウスの熱気で盛り上がっていろんな楽しみ方をしてくれるように感じます。
ぼくたちも会場に合わせて、ライブの内容を変えたりしますよ。

– いまもみなさん沖縄に住んでいるんですか?

NAOTO:僕は一時期、楽曲制作の兼ね合いで東京に住んでた時期もあるんですけど、いまはずっと沖縄にいて、リハーサルやレコーディングも沖縄でできる環境があります。東京でレコーディングをやることもありますけど、地元の沖縄に住んで、曲作りしながら日本中でツアーして、これが心のゆとりになってます。

いまが一番充実してます。

メンバーの会話も増えたし、強くなった。

– 15年間のターニングポイントはどこでした?

YAMATO:2010年に自分たちの自主レーベルを立ち上げて活動し始めたんですけど、いろんなオトナの方にやってもらっていたことを自分たちでやることで、しんどい部分もあったんですけど、その分細かく作品に集中できたり、もっと詰めていこうって意思が強くなって、よりオレンジレンジに集中できるようになりました。

メンバーの会話も増えたし、強くなった。

NAOTO:振り返れば、5人で同じ方向を向いて足並みを揃えるいい転機になりましたね。


▼オレンジレンジ 15周年スペシャルサイト
http://orangerange.com/15th/

イベント詳細

au presents
ORANGE RANGE LIVE TOUR 016-017 ~ おかげさまで15周年!47都道府県DEカーニバル ~

日程:2016年9月18日(日)
会場:佐賀市文化会館
時間:開場 17:00 / 開演 17:30
料金:5,800円(全席指定)
年齢制限
※小学生以上の方は入場券が必要となります。
※未就学児のご入場は、同行の保護者の方の座席の範囲内で周りのお客様のご迷惑にならないようにご覧いただく事を大前提とさせて頂きます
電話:BEA 092-712-4221(平日11:00〜18:00/第2・第4土11:00〜15:00)
主催:サガテレビ
特別協賛 au/J:COM

関連記事一覧

about ClipMagazine

Clip Magazineは福岡・佐賀・長崎のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州のイケてるヒト・モノ・コトにフィーチャーしてお届けします。
Clip Magazine