4月7日、ツーピースバンド「UHNELLYS」RAG-Gでライブ開催

4_7
イベント

ボーカル、ギター、トランペットとドラム、ボーカルのツーピースバンド・UHNELLYSが、佐賀市のライブハウス・RAG-Gでライブを開催。

広告

イベント概要

『Operator vol.1』
日程:2018年4月7日(土)
時間:開場 18時30分 / 開演 19時
料金:前売 2,500円 / 当日 3,000円(要ワンドリンクオーダー)
会場:RAG-G
住所:佐賀市松原3-3-4
電話:0952-26-2687
出演:UHNELLYS、folk enough、KO NAKASHIMA、Shinji Imafuku(DJ)

Lコード:82732

出演者紹介

UHNELLYS


kimのバリトンギターによるリアルタイムサンプリングと、それにジャストのタイミングで合わせたmidiのグルーヴを基盤に、ロック、ヒップホップ、ジャズの垣根を飛び越えた独自のサウンドを構築する男女2人組ユニット。2012年、自主レーベル〈I’mOK〉を設立し、DIYで活動中。アジア、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、オーストラリアなどの海外ツアーも敢行。2017年、ニューヨークで開催された野外フェスでヘッドライナーを務める。唯一無二のスタイルとライブパフォーマンスで、海外からの評価が急上昇中のUHNELLYS。その企みはまだまだ続く。

SWING
UHNELLYS
I’mOK (2017-07-18)

folk enough


1998年福岡県飯塚市で結成。井上周一の宅録からはじまった彼らの音楽は、60年代以降各年代のさまざまなポップカルチャーを消化し、アメリカン・オルタナティブを色濃く反映したトリオサウンドになる。ビクター傘下のcolla diskなどからの音源作品のリリースやメジャー、インディ問わず多くのミュージシャンとの共演、交流。海外のアーティスト(sebadoh、deerhoof等々)を地元福岡に招聘するなど、まさにD.I.Y.な活動を続ける。2009年、前任のベースプレイヤー大村宗照(井上のいとこ)が脱退。同じく長身の柴田剛がベースプレイヤーとして加入。2013年より笠原大輔がギターで加入。4ピースでのライブを日々実験している。盟友の主宰するjunk lab recordsよりクラブユースのアナログ12インチや、リミックス、アコウスティックを織り交ぜた23トラックにも及ぶコンセプト・アルバムのリリースなど、謎の実験は今現在も進行中である。

RAIN DANCE
FOLK ENOUGH
e.g.RECORD (2008-06-10)

KO NAKASHIMA


1991年生、佐賀県出身。音楽家、作詞作曲家、ラジオDJ。ソロ名義で2016年にBermuda Entertainment Japanより「RAFT」「TAXIS」と2枚のEPをリリース。他アーティストへの楽曲提供、広告音楽も手がける。

アクセス

関連記事一覧

about ClipMagazine

Clip Magazineは福岡・佐賀・長崎のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州のイケてるヒト・モノ・コトにフィーチャーしてお届けします。
Clip Magazine