ジャズギタリスト小沼ようすけと、サックス奏者太田剣によるデュオツアー

img_onuma_20150125
イベント

ジャズギタリスト小沼ようすけと、サックス奏者の太田剣によるデュオツアーを開催、会場は佐賀市RockRide。

広告

イベント概要

日程:2015年2月16日(月)
時間:開場 19:00 / 開演 19:30
会場:RockRide
住所:佐賀県佐賀市呉服元町2-4
料金:前売 2,500円 / 当日 3,000円(要ワンドリンクオーダー)

出演者紹介

小沼ようすけ

海を、そして自然を愛するギタリスト、小沼ようすけ

海とギターが調和した瑞々しいサウンドで知られる小沼ようすけは、現在までに発売された8枚のアルバムがいずれも好評を博し、日本を代表するジャズ・ギタリストの一人として注目され続けている。
1974年、秋田県出身。95年、ヘリテージ・ジャズギター・コンペティション世界大会で3位に輝いたのを皮切りに注目を集め、99年、ギブソン・ジャズギター・コンテストで優勝。2001年にアルバム『nu jazz』でデビューを果たす。以後、ソウルやR&Bの影響を受けたグルーヴ感あふれる独自のジャズを作り上げている。06年より湘南の海辺に移住。サーフィンを楽しみながらギターを奏でる職住接近の毎日を送る。現在までに8枚のアルバムを発表。最近作はグオッカ・パーカッションとのコラボで話題を呼んだ『Jam Ka』。2011年はアクアピットのギタリストとしても活動している。チャリティシングル『光 – Luz』がiTUNES他でダウンロード配信中。若手No.1の実力を持った最も期待されるジャズ・ギタリスト。

GNJ
小沼ようすけ
T5Jazz Records

太田剣

1970年6月15日生まれ 愛知県渥美郡(現・田原市)出身。小学校でトランペット、中学校でテナーサックス、高校でアルトサックスを手にし雲井雅人 氏にクラシック奏法のレッスンを受ける。
早稲田大学でロシア文学を学ぶ傍らジャズ奏法を池田 篤 氏に師事。渡米している間にケニー・ギャレット、ビンセント・ハーリングにも師事。大学卒業後、国内ジャズ・シーンで頭角を現し、大坂昌彦(ds)カルテットのメンバーとして活躍。その後、TOKU(vo,flh)、小沼ようすけ(g)、Tommy Campbell(ds)、小林陽一(ds)らのバンドにも参加。

2006年にCD“Swingroove(スウィングルーヴ)”でユニバーサル・ミュージックよりメジャーデビュー。
Jazzの名門『Verve(ヴァーヴ)』レーベルからCDをリリースしたサックス奏者としては、渡辺貞夫に続いて日本人2人目となる。同年、日豪交流年に際し、日本人とオーストラリア人のジャズミュージシャンで結成された日豪混合バンド
『Japan-Australia Jazz Orchestra(JAJO)』に招聘され、日本国内とオーストラリアでのツアーに参加。シドニーのオペラハウスでの演奏も好評を博す。Jazz Vocalist安富祖貴子(あふそ・たかこ)のCDプロデュースや矢沢永吉、平賀マリカ などシンガーのライブサポートなどジャンルを問わず幅広く活動している。
2013年より故郷、田原市の「渥美半島ふるさと大使」に就任。

スウィングルーヴ(初回生産限定盤)(DVD付)
太田剣
ユニバーサル ミュージック クラシック (2006-03-22)

アクセス

関連記事一覧

about ClipMagazine

Clip Magazineは福岡・佐賀・長崎のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州のイケてるヒト・モノ・コトにフィーチャーしてお届けします。
Clip Magazine