5月17日、ギタリスト中川正浩ソロライブを開催

中川正浩
イベント

ジャズギタリスト中川正浩のソロライブ佐賀公演を開催。

広告

イベント概要

中川 正浩 Solo Live
日程:2017年5月17日 (水) 
時間:開場 20:00 / 開演 20:30
料金:前売 2500円 / 当日 3000円(要ワンドリンクオーダー)
会場:Bar Riff
住所:佐賀市中央本町7-11
電話:0952-26-2687

出演者紹介

中川 正浩


中川 正浩はギタリスト(ジャズギタリスト)。
1962年北九州市生れ。福岡市在住。 中学生の頃ジャズギターを始め、高校2年の時、小倉のジャズ喫茶「アベベ」にて飛び入りで演奏しミュージシャンとしてのキャリアをスタートする。
大学在学中は福岡市内のライブハウスで活動。卒業後渡米し、バリー・ハリス主宰の伝説のジャズ・ワークショップ「ジャズ・カルチャル・シアター」で数々のセッションを通じ研鑽を積む。
帰国後、東京に活動の場を移しレギュラー・グループを組み、吉祥寺「SOMETIME」、新宿「J」、「ピットイン」などに出演。4年間の活動をへて九州にもどりその後数度にわたり渡米。 1996年よりニューヨークのビレッジにあるクラブ「スモールズ」を拠点に、本格的なミュージシャンとしてブルックリン、フィラデルフィアなどの近郊都市で演奏し多数のプロフェッショナルのジャズミュージシャンと交流しながら、異色の日本人ギタリストとして活動。 そのストレートアヘッドなスタイルからグラント・グリーンの名にちなんで”マサ・グリーン”と呼ばれて親しまれる。ギル・コギンス(p)をはじめバリー・ハリス(p)、ジョージ・コリガン(p)、リッチー・グッド(b)、ピーター・バーンスタイン(g)、その他数え切れないほど多数のミュージシャンと共演。
1999年に帰国後は福岡市在住で年1回、渡米し現地の第一線で活動している音楽家とレコーディングを重ね、9枚のCDを作成、この活動のやり方は日本人では初であろう。また、2008年より、レコーディングメンバーを東京を経由せず、直接、福岡に招聘し九州発信で中央に演奏に行く活動も続けている。2013年秋のツアーで第8回目を迎える。現在、自身最後の10作目のCD制作にあたり、常にたゆまぬ研鑽を続ける、孤高 のジャズギタリスト。

関連記事一覧

about ClipMagazine

Clip Magazineは福岡・佐賀・長崎のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州のイケてるヒト・モノ・コトにフィーチャーしてお届けします。
Clip Magazine