武雄市 御船山楽園をチームラボのデジタルアートが彩る「納涼~竹あかり~」内容拡大で開催

img_teamlab_mihune2
アート

 

武雄市御船山楽園をチームラボのデジタルアート作品「小舟と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイングと蓮の花 – Mifuneyama Rakuen Pond」が彩る。

広告

昨年に続き、今年も5000個の竹灯篭が御船山楽園を演出します。ライトアップされた御船山と、水面に描かれる鯉と蓮の花。水面に映し出された鯉は池に浮かぶ小舟とともに、インタラクティブに変化します。

自然と光が融合したアート展。
2016年は御船山を背景に池全面に拡大、昨年よりプロジェクション範囲を約3倍のスケールで展開されます。

情報提供:チームラボ

イベント概要

納涼~竹あかり~
会期:2016年7月15日(金) 〜 9月25日(日) ※9月は土日祝日のみ開催
時間:20時〜22時30分
会場:御船山楽園
住所:佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100
料金:大人 700円 / 子供 300円 / 幼児無料
WEB:http://www.mifuneyamarakuen.jp/

※竹灯篭は雨天中止、チームラボ作品は雨の強さ次第で中止

作品紹介

小舟と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイングと蓮の花
– Mifuneyama Rakuen Pond

Drawing on the water surface with Lotus Flowers, Created by the Dance of Koi and small boats – Mifuneyama Rakuen Pond
teamLab, 2016, Interactive Digitized Nature, 13min 24sec, Sound: Hideaki Takahashi


御船山楽園の池の水面に蓮の花が咲きわたり、鯉が泳ぐ。水面はセンシングされ、水面に映し出された鯉は、池に浮かんで進む小舟とインタラクティブに変化する。鯉の群れ全体に意思があるわけではなく、鯉は近くの鯉のふるまいに影響を受けながら自律的に泳ぎ、小舟が静かに浮かんでいると周りに集まり、小舟が動き出すと避けていく。小舟のふるまい、そして他の鯉のふるまいの影響を受け鯉は泳いでいる。そして、その鯉の群れの動きの軌跡によって作品は描かれていく。

御船山楽園は、1845年開園、国登録記念物の名勝地でもある大庭園

武雄市御船山楽園「納涼~竹あかり~」

武雄市御船山楽園「納涼~竹あかり~」

武雄市御船山楽園「納涼~竹あかり~」

チームラボとは

プログラマ、エンジニア、CGアニメーター、絵師、数学者、建築家、ウェブデザイナー、グラフィックデザイナー、編集者など、デジタル社会の様々な分野のスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団。アート・サイエンス・テクノロジー・クリエイティビティの境界を曖昧にしながら活動している。

アクセス

関連記事一覧

about ClipMagazine

Clip Magazineは福岡・佐賀・長崎のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州のイケてるヒト・モノ・コトにフィーチャーしてお届けします。
Clip Magazine