• HOME
  • 記事
  • 佐賀
  • 11月22日、夢の実現コンサートVol.10 MasaNakagawaジャズギター40周年記念ツアー

11月22日、夢の実現コンサートVol.10 MasaNakagawaジャズギター40周年記念ツアー

img_masanakagawa
佐賀
広告

イベント概要

夢の実現コンサートVol.10 MasaNakagawaジャズギター40周年記念ツアー
日程:2016年11月22日(火)
時間:開場 19:00 / 開演 20:00
会場:Bar Riff
住所:佐賀市中央本町7-11
電話:0952-26-2687
料金:前売 6,000 / 当日 6,500円(要ワンドリンクオーダー)
ローソンチケットコード:83149
 ※限定20席

出演:中川 正浩(G) Paul Gill (B) Tardo Hammer(P)

出演者紹介

img_masanakagawa

中川 正浩(ギター)

大学卒業後渡米し、バリー・ハリス主宰の伝説のジャズ・ワークショップ「ジャズ・カルチュル・シアター」で数々のセッションを通じ研鑽を積む。 帰国後、東京に活動の場を移しレギュラー・グループを組み、吉祥寺「SOMETIME」、新宿「J」、「ピットイン」などに出演。 4年間の活動をへて九州にもどりその後数度にわたり渡米。 1996年よりニューヨークのビレッジにあるクラブ「スモールズ」を拠点に、本格的なミュージシャンとして ブルックリン、フィラデルフィアなどの近郊都市で演奏し多数のプロフェッショナルのジャズ ミュージシャンと交流しながら、異色の日本人ギタリストとして活動。
そ のストレートアヘッドなスタイルからグラント・グリーンの名にちなんで”マサ・グリーン”と呼ばれて親しまれる。ギル・コギンス(p)をはじめバリー・ハ リス(p)、ジョージ・コリガン(p)、リッチー・グッド(b)、ピーター・バーンスタイン(g)、その他数え切れないほど多数 のミュージシャンと 共演。1999年帰国、福岡市を中心に活動。 2000年、ニューヨークでのレコーディングによるファーストアルバムをリリース。 好評を得る。 2002年12月にはセカンドアルバムをリリース。亡き母をはじめ交流のあったジャズミュージシャンへの追悼盤で渾身のプレイとなっている。2007年、ニューヨークにて新進気鋭のオルガニストJARED・GOLDを起用し5枚目のアルバム「THE SUPER V」を録音。12月リリース。 2008年3月、Quincy Davis(ds)Jared Gold(org)らと共に九州・山口をツアーする。 2008年3月、上記のメンバーで全国ツアーをする。 2009年、6枚目のアルバム「Decade」をNYで上記メンバーで録音。(翌年リリース) 2010年3~4月、上記メンバーで全国ツアー。
2010年12月、NY録音7枚目のアルバム「7th」をリリース。ピアノのタルド・ハマーとのデュオ作品である。 2011年2月、Jared gold(org)Quincy Davis(ds)とツアー。 2011年11月、同上メンバーでツアー。 2012年1月、Tardo Hammer(p)Tal Ronen(b)とのNY録音8枚目のアルバム「Octave」をリリース。2012年4月、Tardo Hammer(p)とデュオでツアー。2012年11月、Tardo Hammer(p)とデュオでツアー。2012年11月、Tardo Hammer(p)Dezron Douglas(b)とのNY録音9枚目の「RIICHI」をリリース。2013年11月、Tardo Hammer(p)Dezron Douglas(b)と九州ツアー。
2014年11月、Tardo Hammer(p)Dezron Douglas(b)Neal Smith(ds)とNY録音。
2015年4月、Tardo Hammer(p)Dezron Douglas(b)Neal Smith(ds)とのNY録音10枚目のアルバム「FINAL ATTACK」をリリースと同時に同録音メンバーでツアー。

Paul Gill(ベース)

ベース奏者ポール・ギルはニューヨークジャズシーンのベテランであり、アルコのソロは大変、評価されている。ギルが1990の中期、ニューヨークに移り住 んだ時、ジャズ雑誌によって「将来、最も 有望なベース奏者が」と評され、サイドマンとして60回を超えるレコーディングをこなした。
ニューヨークに拠点を移し歌手ダイアナ・クラールと1年の世界ツアーに出る。2001年、ダイアナ・クラール 、秋吉敏子ジャズオーケストラに参加。2000年代の後半は歌手エルヴィス・コステロまたはギター奏者パット・マルティーノとツアー。 ニューヨーク市のすべての主要なジャズクラブで活動し、ハンハンク・ジョーンズ、ジョー・ヘンダーソン、ウィントン・マルサリス、ルー・ドナルドソン、ビル・チャーラップ、ジミー・コブ、アル・フォスター、ジョージ・コールマン、エリック・アレキサンダー、ルー・タバキン、スティーブ・ウィルソン、 エディ・ヘンダーソン、カート・エリング、ケニー・ランキン、ジョン・ピザレリなどのアーティストと演奏やレコーディング。現在、歌手ヒラリー・コールと、秋吉敏子のグループなどで活躍中。

Tardo Hammer(ピアノ)

1958年、クイーンズで生まれ5歳にピアノを始める。80年代、ビル・ハードマン-ジュニア・クックQuintet、ルー・ドナルドソン、およびアート・ファーマー-クリフォード・ジョーダンQuintetと共に活動開始。 ライオネル・ハンプトン、ジョニー・グリフィン、およびチャーリー・ラウズと共に、米国中のジャズクラブで演奏。1986年にアル・コーンとメル・ルイスをフューチャーしたトランペット奏者のアル・ポーシノのビッグバンドでレコーディングデビュー。現在、アニー・ロス、アビー・リンカーン、コンテ・カンドリ、Chubby Jackson、と共にヨーロッパや日本などで国際的な活動を続けている。
‘Hammer Time(1999)、Somethin’Special(2001)、Tardo Tempo(2004)、Look 、Stop And Listen(2007)発表。Look、Stop And Listen(タッド・ダメロン曲集)はDownbeat、ビレッジ・ボイス、およびAll About Jazzから2007年の最高のCDの1つという高い評価を受ける。
教育者としの活動としては、世界中でクリ二ックを開催したり大学のクラスでレッスンなど。近年、NewSchoolとルーシーモーセ音楽大学の教授として後進の育成にも努めている。

関連記事一覧

about ClipMagazine

Clip Magazineは福岡・佐賀・長崎のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州のイケてるヒト・モノ・コトにフィーチャーしてお届けします。
Clip Magazine