【福岡】日本最⼤級の屋外環境イベント「ロハスフェスタ」福岡で初開催

スクリーンショット 2019-02-26 19.38.32
イベント

3月21日(木・祝)〜3月24日(日)、ナチュラル志向の女性やファミリーに人気の屋外環境イベント「ロハスフェスタ福岡2019」を開催。会場は、国営海の中道海浜公園。

広告

ロハスフェスタ実行委員会は「みんなの小さなエコを大きなコエに」をコンセプトとした「ロハスフェスタ」を九州 福岡で初開催。万博記念公園では「オシャレに可愛くエコを実践できる」と、女性・ファミリー層をメインに16万人以上が来園。福岡では、自然豊かな環境で魅力あふれるロハスフェスタを楽しめる。

イベント概要

『ロハスフェスタ福岡2019』
日程:2019年3月21日(木・祝)〜24日(日)
時間:9時30分〜17時(入場証販売は16時30分まで)
会場:国営海の中道海浜公園 大芝生広場
住所:福岡県福岡市東区西戸崎18-25
料金:500円
小学生以下無料 / 別途国営海の中道公園入園料必要
主催:ロハスフェスタ実行委員会
共催:FBS福岡放送 / 海の中道海浜公園
HP:http://www.lohasfesta.jp/

ロハスとは?

LOHAS = Lifestyles Of Health And Sustainability
ロハスとは、「健康と持続可能な社会に配慮したライフスタイル」のこと。
ロハスフェスタでは、この考え方をもとに、日々の暮らしの中で「安ければいい」「便利がいちばん」といった考え方ではなく、こだわりを持って心豊かに暮らすような、自分の身体や心そして地球にも優しいライフスタイルを提案。

ロハスフェスタとは?

2006年10月から大阪万博記念公園でスタートし、現在、大阪・万博公園で30回、東京は光が丘公園で10回、広島で4回、淡路島で3回開催。会場ではファブリックや革、植物などを使った手作り雑貨を中心にアンティーク、グリーンなどこだわりの作品が出展。また、健康的な食材から作られたフードやスイーツ、親子で体験できるワークショップなどロハスなヒト、モノ、コトへの新しい出会いがたくさん生まれる場となっている。2018年11月に開催された「ロハスフェスタ万博2018 AUTUMN」では約550ブースが出展し、約12万人が来園。

企画紹介

1. 親子でワークショップを楽しもう!

アクセサリーや、エコバックづくり、女の子に大人気のゆびあみや、男の子に嬉しい本格木工まで、毎回20ブース以上で実施されるワークショップは大人気。親子でつくったものは家族の宝物。普段はなかなかできない体験が青空のもと、芝生の上で楽しめる。

2. マイバッグ・マイ食器・マイボトルを持って遊びに行こう!

通常のイベントで出るごみの大半は飲食エリアで使用する使い捨て容器。そこでロハスフェスタでは、使い捨て食器を使用せず、来場者へマイ食器の持参を呼びかけて、環境に優しいごみゼロイベントを目指している。マイボトルを持ってきた人だけ、無料で給茶できる給茶スポットも設置。

3. “お金”ではない”思い”のやりとり「xChange」に参加してみよう!

xChangeとは、オシャレな古着を持ちよって思い出と共に交換する物々交換会のこと。どんな気持ちで使ってきたのか、どんな人に使ってほしいのか、そうした想いを出品アイテムに付ける「エピソード・タグ」を通じて一緒に交換する。一つ一つのものに込められたストーリーを大切にし「使い捨て文化から、使い続けるライフスタイル」を目指すロハスな来場者参加型企画となっている。

アクセス

関連記事一覧

about ClipMagazine

Clip Magazineは福岡・佐賀・長崎のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州のイケてるヒト・モノ・コトにフィーチャーしてお届けします。
Clip Magazine