1月26日、ジャズギタリスト・小沼ようすけ、フラメンコの歌い手・石塚隆充によるデュオライブ開催

duo
イベント

1月26日、佐賀市のライブハウスRockRideで、ジャズギタリスト・小沼ようすけと、カンタオール(フラメンコの歌い手)・石塚隆充によるスペシャルライブを開催。

広告

チケットは、会場またはローソンチケットで販売中。

イベント概要

『小沼ようすけ x 石塚隆充 Duo』
日程:2017年1月26日(金)
時間:開場 19時 / 開演 19時30分
料金:前売 4,000円 / 当日 4,500円 ※要1Dオーダー制
   ローソンチケットコード:83649
会場:RockRide
住所:佐賀市呉服元町2-4
電話:0952-26-2687

出演者紹介

小沼 ようすけ


2001年にSONY MUSICよりデビュー、10年間在籍。現在までにSONY他から10枚のリーダー作品をリリース。2004年のカメルーン出身のベーシストリチャード・ボナとのレコーディングを契機に、独自の方法論による指弾きスタイルを確立。ここ数年は様々な国を旅して得た影響、ワールドミュージック要素を自分の音楽に採り入れながら、世界を繋ぐ創作活動を続ける。コラボレーション、セッションにも積極的に取り組み「トニーモナコ、小沼ようすけ&ジーンジャクソン」名義で活動するストレート・アヘッド・ジャズに現代性を加味したオルガンジャズトリオも高い評価を得ている。2016年、Flyway LABELを設立。2017年にはレコーディングメンバーと共にSUNSET SUNSIDE (Paris), BLUE NOTE TOKYOなどでライブをおこなう。

石塚 隆充


名実ともに日本を代表するカンタオール(フラメンコの歌い手)。独自の歌唱法により、フラメンコはもちろん、フラメンコフュージョンなオリジナル曲から、ボレロやタンゴといったスペイン語圏の楽曲まで、広く、自在に歌い上げる。音大声楽科に在籍の傍ら、フラメンコギターを瀬田彰氏に師事。東京外国語大学フラメンコ同好会(スペイン舞踊部)での踊り伴奏修行中に、フラメンコの歌=カンテに出会う。独学で歌い始めて2年後の1997年、日本フラメンコ協会新人公演奨励賞(最高賞)受賞。翌1998年から渡西、本場での生活を通じて、タブラオ、TV、映画にも出演。通算8年のスペイン生活を経て、2006年より拠点を日本に移して歌手としてソロ活動を開始。2014年には、日本人カンタオールとして初めてオペラ作品でのソリストを務めた。

アクセス

関連記事一覧

about ClipMagazine

Clip Magazineは福岡・佐賀・長崎のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州のイケてるヒト・モノ・コトにフィーチャーしてお届けします。
Clip Magazine