【九州ダービー】人に伝えたい鳥栖vs福岡の見所。”神”が舞い降りるのはどっちだ!

kyushu_derby
そのほか

昨シーズン、サガン鳥栖が低迷しながらもJ2降格を免れたこと。アビスパ福岡が怒涛の追い上げでJ2リーグ3位に食い込み、昇格権をつかみ取ったこと。

どちらも、ゴールキーパーの活躍なしには果たされなかったことでしょう。

今考えると正直ゾッとします…。

広告

素晴らしいキーパーがいて、ホンットに良かったです。

ということで今回は、ゴールを守る最後の砦、ゴールキーパーにスポットを当てながら、2月27日(土)の九州ダービーをプレビューします!


「神セーブ」と讃えられるキーパーのファインセーブ

サッカーの神様ペレ、マラドーナの神の手、神の子メッシ…。サッカーではスゴい選手やプレーに神をつけて崇められることがよくあります。そのうち最も頻繁に用いられるフレーズが「神セーブ」ではないでしょうか。

神セーブとは、神懸かったような、スーパーセーブのことで、それはゴールキーパーが最も輝く瞬間でもあります。

サッカーでは、ゴールを決めた選手がヒーロー扱いされることが多く、ハイライトもゴールシーンがメイン。なので、まずは動画で「神セーブ」をご覧ください!

TOP 5 - Saves of the Year 2015

Posted by Short Football Videos on 2016年1月26日


木木ネ申!!!

アビスパ戦で先発が濃厚なサガン鳥栖のゴールキーパー木木選手、もとい林彰洋選手(背番号33)の持ち味は、長い手足を活かしたシュートストップ!彼の神セーブでサガンは何度命拾いしてきたことか…。

試合中に林選手の神セーブが発動した際、ツイッターのタイムライン上には「木木ネ申!!!」といったつぶやきが大量に流れてきます。

得点が入りにくいサッカーでは1つの失点がスコアに大きくのしかかるため、1点を防ぐことは1点取るのとほぼ同じことなのです!と、いうことは毎試合ゴール決めてるようなもんですね。。。そう考えると、すごい活躍です。

まあとにかく、彼の凄さは言葉で説明するよりも、映像で見てもらった方が早いです!
動画サイトには彼の神セーブ集がたくさん上がってますので、その中からおひとつどうぞ。


アビスパには本物の神が

アビスパには神セーブを自らの代名詞とするゴールキーパーがいます。プロになった2003年からアビスパ一筋14年目、その名も神山竜一選手(背番号1)です。所属選手の中では最も在籍期間が長い選手です。

それでもまだ年齢は31歳。キーパーは体力よりも経験がものを言うポジションなので、30代後半でも活躍している選手はたくさんいます。

神山選手の神っぷりは、一度”乗る”と神セーブを連発することです。まるで、それは神山選手に神が乗り移ったかのような反応でシュートを止めまくり。そんな試合で勝った時には、ゴールした選手よりも神山選手の活躍の方が讃えられる、といったこともよくあります。

しかし、そんな神にもライバルが!今季、韓国から超大型ゴールキーパー、イ・ボムヨン選手(背番号23)が加入!韓国代表として2014年のワールドカップに出場した大物です。

しかし、彼はプロになって初めての移籍で、しかも初めての日本でのプレー。その初戦が宿敵とアウェイで相当なプレッシャーのかかったダービーマッチというのは、本人にとってちょっと酷な気がします。

一方、チーム最古参である神山選手は、過去にサガンとのダービーマッチを経験しています。チームに数人しかいないダービー経験者のうちの一人。そんな神山選手が守護神として最後尾でかまえることで、チームメイトの精神面にも良い影響をもたらすのではないでしょうか。

選手としての経験が豊富な井原監督は、監督としてどんな決断を下すのか。注目です!


生で見て驚愕したウルトラミラクルネ申セーブ

そう言えば昨シーズン。林選手に神が舞い降りた瞬間を間近で見たんです。

それは、ベガルタ仙台とのホームゲームでのことです。このとき僕は、林選手の守るゴールの裏側(ホームサポーター3階席)で見ていました。

そのシーンがこちら。

これを見たとき、※()内は心の声。

うっ!!(ヤバい!シュート打ってきた!) うわぁぁぁぁーーーーーーーーーー!!!!(コース変わったマジヤバい!!) うおおおおおおおおお!!!!!(止めたあああああああああ!!!)っでえええええええええ!!!!!!!!!(しかし何じゃ今のセーヴヴヴヴヴゥゥゥゥゥゥゥーーーーー!!!!!!)

ってなりました。

なぜこれほど衝撃的だったかと言いますと、ですね。

林選手はボールを弾いて止めたのではなく、ギリギリでおさえて転がしたのです!!!!!!!
(うわっ、何かこれも言葉で伝わりづらいぞ!!しかも言葉にするとより一層ショボく感じられちゃうじゃないか!)

でも、彼の真後ろではっきり見たんです!セーブしたボールが勢いなく転がったところを見てお分かりかと思いますが、林選手は、一瞬手をすり抜けたボールをですよ!!う〜ん、下の画像を見てください!

ゴール正面の映像を、林選手がボールに触れた瞬間で止めてみました!

hayashi_save

hayashi_save_up

ボールよりも手前に林選手の右手が見えますよね!?

要するに林選手は、コースが変わってゴールの下隅に飛び、ゴールラインのわずか手前でワンバウンドするという、キーパーにとっては厄介極まりないボールに対して瞬時に反応し、わずかに届いた薬指や小指でボールの勢いを殺し、ボールの回転をゴールとは逆の方向にかけて反対側に戻していたのです!!

これぞまさに、木木ネ申!!!


残席はわずか!行ける人はスタジアムへ!行けない人はテレビで!

神が舞い降りる瞬間を生で見たい方は、ぜひベストアメニティスタジアムへ!!

放送予定

明治安田生命J1リーグ 1stステージ第1節
「サガン鳥栖 vs アビスパ福岡」

2月27日(土)14:00キックオフ

NHK佐賀/NHK福岡/スカパー!
13:50から放送予定

テレビが見れない人は、ラジオでも!

紹介した選手おさらい

サガン鳥栖
林彰洋選手/ゴールキーパー

背番号:33
生年月日:1987年5月7日
出身:東京都
身長:195cm
体重:89kg
経歴:流通経済大▶プリマスアーガイルFC(イングランド)▶ROCシャルルロワ(ベルギー)▶清水エスパルス▶サガン鳥栖
ブログ:林彰洋オフィシャルブログ
twitter:@hayashi_akihir0


アビスパ福岡
神山竜一選手/ゴールキーパー

背番号:1
生年月日:1984年11月10日
出身:大阪府
身長:188cm
体重:94kg
経歴:ガンバ大阪堺Jrユース ▶ 立正大淞南高(島根県) ▶ アビスパ福岡

関連記事一覧

about ClipMagazine

Clip Magazineは福岡・佐賀・長崎のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州のイケてるヒト・モノ・コトにフィーチャーしてお届けします。
Clip Magazine