INTERVIEW – TEE 掘り下げて、掘り下げて、掘り下げた結果の『アイラブユー』

img_tee_3
インタビュー

ベイビー・アイラブユーのヒットで一躍トップアーティストの仲間入りをしたTEE。

再度佐賀を訪れた彼に、デビュー当時との変化や楽曲制作方法、今後の目標について話を聞いてきました。

広告

TEE

目標とするものがより大きく

– デビュー以来、佐賀は何度目のライブになりますか?

今回で5回目ですね。クラブやバルーンフェスタなど、佐賀には毎年呼んでいただいていますね。

– 佐賀にはどんな印象をお持ちですか?

毎年一度は呼んでいただいているので、行く場所というよりも帰って来る場所という印象です。でも、毎年来てるわりに、佐賀をゆっくり見て回ったりできていないので、もっと見たり触れたりしたいですね。以前、佐賀牛を食べたんですが、とても美味しかったので、今度はプライベートでも来てみたいと思っています。

– 今年でデビュー5周年を迎えますが、デビュー当時と比べて変わったことはありますか?

僕を支えてくれるファンの数が増えたかなと思います。
デビュー当時から支えてくれているファンもいてくれて、あの頃よりも夢はでかくなりました。もともとでっかい夢は持っていたんですけど、目標とするものがより大きくなりましたね。掲げた夢に一歩一歩近づいているのも、支えてくれているファンのみなさんが進むべき道を確実に照らしてくれているからだと思います。

一つライブが終わると次はここでやってほしいとか、こういう曲を出して欲しいとか、自分が新しい目標を持って歩んでいけるのも関係者や回りのスタッフ、ファンの方々が支えてくれているからですし、大きな夢に近づくために目標を一個一個確実にクリアできているなっていうのがデビュー当時と今では大きな違いですね。

デビュー当初言っていた、いろんなアーティストの方々とのコラボレーションで、自分の可能性を広げたいという夢も叶いましたから。

– 先ほどおっしゃていた大きな夢とは何でしょうか?

日本武道館でのライブですね!
この夢はデビューして2年目に掲げた夢で、そこに向かって突っ走ってます。

TEE

掘り下げた結果の「アイラブユー」

– デビュー当時と現在で、楽曲制作で変化はありますか?

ダイレクトな言葉に拘るようになりましたね。ベイビーアイラブユーを出したあとからかな。

『アイラブユー』という言葉はダイレクトじゃないですか。あの曲を出した後に様々な曲に挑戦し、歌詞を書く時は掘り下げて書くようになってきました。ただ、5年目を迎え 自分の思うがままに歌詞をかいてみようと改めて思っていますね。

– TEEさんの楽曲は、すっと言葉が胸に入ってくるのですが、言葉選びなどで気をつけている点はありますか?

歌詞を書く時は一行一行掘り下げて書いていますね。例えば歌詞の中に『好き』という言葉や『アイラブユー』などの言葉を書くのは簡単だと思うんですよ。

じゃあ歌詞の中に『アイラブユー』という言葉を入れる時、なんでこの言葉が入るんだろう、なんでこの言葉なんだろう、もっといい言葉がないか…など、どんどん掘り下げて、掘り下げて、掘り下げた結果の『アイラブユー』になった時の言葉は、パッと浮かんだ『アイラブユー』とは違うんですよね。

この言葉が合うだろうなと書いた時に、その言葉を掘り下げて考えることをすごく大事にしています。

img_tee_4

いろんな作り方の結果、いろんな曲ができている

– 曲を作る時はトラックを先に聴いてから歌詞を書かれますか?それとも歌詞を書かれた後に、トラックを合わせるのですか?

その時その時にによって作り方は違います。

この5年間で色々な作り方をやってきて、あるときは沖縄に行って、沖縄の風を感じながらトラックを作って、そのトラックに合う歌詞を書いたり、書き上げた歌詞に後からメロディーを作ってもらったり、逆にメロディーが先にあってそこに歌詞をのせてみたり、作り方は様々です。

一つの作り方だけで曲を作っている人はいないんじゃないかなと思いますね。いろんな作り方で曲を作ってきた結果、いろんな形の曲ができているんだと言えますね。

歌い手には二通りの人がいると思うんですよ。歌詞が書けなくて、作家に書いてもらって歌っている人。それと、歌詞は自分で書くことはできるけど、素晴らしい歌詞を書ける作家の曲を歌ってみたい人。
僕は自分で歌詞は書けるので後者なんですが、色んな人のトラックに挑戦したり、作家が書き上げた歌詞に自分の魂を込めて歌ってみたいという願望がすごくあります。

– では歌詞が書けない時はどうされていますか?

そうですねぇ、マネージャーに聞きます(笑)

歌詞が書けなく煮詰まった時は、そこを見つめてもなかなか書けないので、一度気持ちをリセットします。

例えば次の日の夜が締め切りだったら、曲のコンセプトだけを頭に詰めて朝までパーッと遊んだり、映画を見たり、気分転換をして歌詞をまた書き始めます。煮詰まった状態を続けないようにしてますね。これは本当に大事だと思います。

あとは曲が完成したイメージを持つようにしています。これは曲を作るときにいつもやっていることなんですが、締め切りまでに『なんとか曲を作らないといけない』という思考回路ではなくて、締め切りまでに『すごい曲が出来上がっている』という自分のマインドにして、締め切りまでにはすごい曲ができあがった時のことをイメージしています。

– 新曲『バカみたいに愛してた』はどういった経緯で作られたのでしょうか?

この曲は春に向けてラブソングを一曲作りたくて書きあげました。

歌詞を書いている際に、サビのフレーズはすっごくキャッチーで、心に溶け込み口ずさんでくれるようなサビを歌いたかったんですが、作っている時から自分一人ではなく誰かと作りたいというのがあり、僕の頭の中にはケツメイシのリョウジ君しかいなくて、こっちからラブコールを送って実現しました。

この曲は、聴いてくれる人それぞれだと思うんですけど、まぁ俺みたいな男もいるんだぞって感じてもらいたいし、女性側からの視点で見ても男はそんな簡単に忘れるもんじゃないよって感じてもらえたらと思います。

ちょうど春なんで、この季節にこの曲を聴いて忘れられなかった恋をいい思い出にできたらなと…この曲の最後の歌詞がパンチラインだと思ってて『忘れないわけじゃない憶えておきたい大事な恋』この歌詞みたいに、無理して忘れなくてもいいんだよ。大事な宝物の恋としてとっといてもいいんじゃない?という歌詞が最後にあるので、ぜひ歌詞を見ながら聴いてもらいですね。

聴いてくれる人の身体がなんかすっと楽になるような、そんな感じの曲になってくれればいいです。

TEE

– TEEさんは声にすごく特徴があると思うのですが自分の声をどう思われていますか?

実は声にコンプレックスがあったんですよ。

こんな声だしライブ中に叫ぶとキーンとなるし、みんなにモノマネされたり、そんな感じであまり好きではなかったんですよ。でもやっと好きになれてきたのでこの声を大事にしたいと今は思っています。

– 4月に発売されるコラボ・ベストアルバムについてお聞かせ下さい。

このアルバムは自分のコラボ作品の集大成でインディーズの曲から3/25に発売される『バカみたいに愛してた』まで男性シンガー、女性シンガー問わず、またアップテンポの曲からバラードまで入っている聴き応えのある一枚になっています。

Tee time~コラボ・ベスト~
TEE
ユニバーサル ミュージック

– では最後に佐賀のファンのみなさんに一言お願いします。

毎年ライブやフェスに呼んでいただき、その度にみなさん会いに来ていただいてありがとうございます。

まだ会ったこのない人や、僕の曲を聴いたことあるよっていぅ人を含め、今後も僕の曲を聴いてくれる人達の背中を押せるような楽曲を作っていきますので、ぜひぜひTEEタイムを味わってください。

7月からのツアーでは、初のバンド編成で全国を周ります。ファンのみんなに会えることを楽しみにしているので、みなさん遊びに来て下さい。これからも応援よろしくお願いします。

TEE – プロフィール

TEEONLY ONE VOICEと評される天性のスモーキー・ヴォイスと元ボクサーという異色の経歴が話題を呼んでいる、広島県出身の32才。

2010年に入りレコード会社各社争奪の末、ユニバーサルシグマとメジャー契約。「3度のメシより君が好き」で7月にメジャー・デビュー。

10月27日にはセカンド・シングル「ベイビー・アイラブユー」、11月17日にはファースト・アルバム「Kido I Raku」をリリースした。特に「ベイビー・アイラブユー」は全国各地でヘヴィー・プレイされてロング・ヒットを記録。USEN J-POP総合チャートでも2010年9 月の初登場以来23週連続チャートインの新記録を打ち立て、着うたダウンロードは70万を超える大ヒットとなった。「Billboard JAPAN Music Award 2010」でも「ベイビー・アイラブユー」で「New Artist of the Year 2010(最優秀新人賞)を獲得し注目を集めた。

2015年4月、シェネル、AI、RYOJI(ケツメイシ)のほか、超豪華アーティストとの夢の共演作のみを集めたコラボベストアルバムをリリースする。

▼TEE / Tee time ~ コラボ・ベスト ~ 特設ページ
http://www.tee-web.jp/top/teetime/

7月11日の福岡公演を皮切りに、待望の全国ツアーもスタート!

2015年7月11日(土) 会場:福岡 DRUM LOGOS
2015年7月12日(日) 会場:広島 BLUE LIVE
2015年7月17日(金) 会場:大阪 梅田クラブクアトロ
2015年7月19日(日) 会場:名古屋 Electric LadyLand
2015年7月31日(金) 会場:渋谷 Duo Music Exchange

▼TEE LIVETOUR 2015 特設ページ
http://www.tee-web.jp/top/schedule/tour2015/

プレゼント!

TEE プレゼント

TEEさんより、サイン入りタオル・ニット帽・オリジナルポーチのプレゼントを各1名にプレゼント!
応募方法は、present@clip-magazine.com にお名前・お送り先ご住所・ご希望のアイテム・TEEさんへのメッセージ を記載のうえ、ご応募ください。
当選者の発表は、商品の発送をもってかえさせていただきます。

応募〆切:3月15日

関連記事一覧

about ClipMagazine

Clip Magazineは福岡・佐賀・長崎のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州のイケてるヒト・モノ・コトにフィーチャーしてお届けします。
Clip Magazine