INTERVIEW:DJ LiL’O3(リルオースリー) – Good Muzik Award 2014 Champion

img_ms2015_2
インタビュー

自分が良いと思う音楽を提供し、音楽の質を一つ上げる。
Good Muzik Award 2014 Championに輝いたDJ LiL’O3さんにお話を聞いてきました。

広告

– 2014年 Good Muzik Award グランプリおめでとうございます。

LiL’O3) ありがとうございます。

– グランプリをとられた今のお気持ちを聞かせてください。

LiL’O3)率直に嬉しいですね。去年獲れなかった悔しさもあるんで。2014年は気合を入れて Good Muzik Award に年間3回mixをアップしました。アワードの選考方法は実際にお客さんが会場に来て手書き投票をして決まるので、僕の名前を書いて投票してくれた方々には感謝の気持ちでいっぱいですね。

MuzikStation

– 2013年と2014年ではmixを作るうえで変更した点などはありますか?

LiL’O3)他のDJとは違いを出せるように心がけていました。レゲエミュジーックを中心に選曲してみたり、R&Bミュージックを中心に選曲してみたりしながらmixを作りましたね。2013年よりも色濃く作れて、mixのコンセプトもしっかり出せたと思います。

– コンセプトがしっかりと出せたとおっしゃいましたが、ではmixを作るうえで心がけていることなどはありますか?

LiL’O3)さっきも言ったのですが、まずは他のDJとの違いを出せるようにつくる。それと、出来ることなら長く聴いてもらえるmixにすることですかね。

– 長く聴いてもらえるとはどういうことですか?

LiL’O3)今年作ったmixでも来年、再来年も聴いてもらえるようなmixですね。これは自分ごとですが、他のDJが作ったmixは大体車の中で聴くことが多くその中でも気に入ったmixは殆ど変えることがなくずっと車の中で流して聴いています。次に良いmixと出会うまではヘビロテですね。

そんな感じに僕が作ったmixも聴いてくれている人にとって聴き飽きないようなmixになればと。2014年には4ヶ月に1度mixをアップしてたんですが、願わくば次の僕のmixが出来る4ヶ月後までは僕のmixがヘビロテになって聴いてもらう気持ちで作ってました。

MUZIK STATION

– それではmixを作る場合とクラブでDJをする時の違いはありますか?

LiL’O3)簡単に言うとmixはあらかじめ作られた物、クラブプレイは作っていくものですかね。クラブプレイはその場に応じて臨機応変に変えてプレイできることが大事だと思います。それとライブ感を出すというのも重要だと思っています。

– クラブでDJをする時にはどんなことに注意して回されているのですか?

LiL’O3)なるべくクラブ全体を見るようにしています。例えば、フロアーやバーカウンター、ラウンジスペースなどですね。人の動きは注意して見ています。僕が考えるクラブで回している時のベストな状況は、クラブ店内いるお客さん全員がフロアーに集まることなので。これは難しいことではあるんですが…フロアーで踊っている人達もキープしつつフロアー以外のお客さんも集めるということができればベストですね。
そのベストな状況に少しでも近づけるためにクラブ全体を見るようにしています。

Muzik Station 2nd Anniversary

– DJを始められるきっかけは何だったのでしょうか?

LiL’O3)そうですね。もともとバンドをやっていたんですが、バンドは1人ではできないことに気づき、たまたま当時のバイト先の先輩がDJをやっていたのもあってそこからDJをやり始めました。

– 昔と今ではクラブ事情は変わりましたか?

LiL’O3)明らかに今のほうが遊びに来やすくなっていると思います。セキュリティもしっかりしてるし揉め事もほぼ無いですね。僕がDJを始めた当初なんて怖すぎて知り合いがいないと遊びに行けない感じでしたから。揉め事もあったりとにかくクラブ=怖いといぅイメージでしたね。

今は実際世間が持つイメージと現状は違い、みんな楽しく踊ってお酒飲んでますよ。
他にはDJが扱う機材がガラリと変わりましたね。たぶん2010年前後からパソコンを使って回すようになり選曲の幅や今までアナログではできなかったことができるようになりました。

– ではDJ LiL’O3さんが思うDJとはどんな人を指すのでしょうか?

LiL’O3)難しい質問ですね… 自分が良いと思う音楽を提供し、mixにしてもクラブでDJをする時でも音楽の質を一つ上げ、聴いてる人を楽しませることができる人だと思います。

img_ms2015_4

– それでは最後に応援してくれた人達に一言お願いします。

LiL’O3)僕に投票してくれた方々ありがとうございます。2015年はチャンピオンの肩書きがプレッシャーに感じることもあるかと思いますが、今年も応援よろしくお願いします。クラブではMuzik Station(毎月第4金曜日)SWAG(偶数月第3土曜日)にクラブG-Collectionで回しています。

mixはMuzik STation Blog(http://ameblo.jp/muzik-station/)より、無料配信していますので是非聴いてからクラブへ遊びに来てください。

TEXT:YOSHIDA

MuzikStation

プロフィール

DJ LiL’O3(リルオースリー)

2001年よりDJ活動を始める。様々な現場でプレイ、佐賀のクラブシーンにおいて欠かせない存在。ブラックミュージックをこよなく愛し、クラブプレイはもちろん、ダンスバトルのDJも。

関連記事一覧

about ClipMagazine

Clip! SAGAは福岡・佐賀・長崎のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州のイケてるヒト・モノ・コトにフィーチャーしてお届けします。
Clip Magazine