8月5日、土屋公平とピアニスト伊東ミキオのライブツアー佐賀公演を開催

img_MIKIO_KOHEY2017
イベント

土屋公平のニューアルバム「私的モード録音盤(傑作選)Vol.8 – I’m Your Boogie Man」発売記念ライブツアー佐賀公演を開催。会場は佐賀市ロックライド。

広告

今回はピアニスト伊東ミキオとはじめてのツアー開催。それぞれのステージとアンコールセッションをお楽しみください。

イベント概要

土屋公平(Vo.G)withJAH-RAH(perc.)×伊東ミキオ(Vo.key)
Solo LIVE2017 TOUR ★ I’m Your Boogie Man

日程:2017年8月5日(土)
時間:開場 17:30 / 開演 18:00
会場:RockRide
住所:佐賀市呉服元町2-4
電話:0952-26-2687
料金:前売 5000円 / 当日 5500円(要ワンドリンクオーダー)
座席:全席自由 / 整理番号付


入場順:
1.FC、オフィシャルサイト
2.会場店頭販売、電話・メール予約
3.イープラス、他プレイガイド

※未就学児童入場不可
※チケット発売:5月13日(土)10:00 e+(イープラス)

お問い合わせ:   
UP-DOWN.COM http://www.up-down.com/kohey/
セブンスマザー TEL:03-3721-9284

出演:
土屋 公平 [Vocal & Guitar]
伊東 ミキオ [Vocal & key]
JAH-RAH [Percussion]

出演者紹介

土屋 公平


1960年10月4日生まれ 東京都出身
1983年 THE STREET SLIDERSのGuitaristとしてEPIC SONY(現Epic Records)よりアルバム「Slider Joint」でデビュー。アルバム16枚、シングル23枚をリリース。
2000年10月29日の日本武道館公演をもって解散。解散後、ソロ・ギタリストとしてレコーディング・セッション、ライブツアーなどのサポートを行うかたわら1991年より仲井戸“CHABO”麗市とユニット“麗蘭”での活動などを行っている。
2011年より自身が歌うアコースティック・ライブを本格化。2012年より全国ツアー開始。
自主レーベルよりソロ・アルバム7枚を発表。Blues等黒人音楽に根ざした独自の音楽を展開中。

伊東 ミキオ


1990年、バンド“GROUND NUTS”のメンバーとしてメジャービュー。
同バンドではキーボードを担当。’92年脱退後、ソロ活動を開始。
1993年には自らがヴォーカルを担当するバンド“SAILIN’ SHOES”を結成。
bounceレーベル(TOWER RECORD)より2枚のアルバムをリ リースする。
同時期から積極的に数多くのレコーディング、ライヴに参加。
数々のセッションから得た経験を活かして、プロデュース、レコーディング、詞・曲の提供からアレンジまで手掛ける。
1999年から2009年まで、ウルフルズのツアー、レコーディグにレギュラーサポートメンバーとして参加。その他、トータス松本、秦 基博、石橋凌、 八代亜紀、黒木渚、藤井フミヤ、加山雄三、佐野元春、仲井戸 麗市、泉谷しげる、家入レオ、KAN、ましまろ、内田勘太郎、THE MODS、ザ・マックショウ、THEイナズマ戦隊、矢井田瞳、ARB、岩川浩二、Bloodest Saxophone、馬場俊英、ゆず、 PUFFY、三宅伸治、ジュウェル・ブラウン、ビッグ・ジェイ・マクニーリー、などのツアーサポートやレコーディングにも参加。
ソロライヴ活動も積極的に行っており、現在までに5枚のソロアルバムをリリース。
持ち味である、熱くハッピーなロックンロールピアノでライブ会場は常にホットに盛り上る。
2009年4月には久し振りにバンドサウンドに挑んだニューアルバム”Life is Happening”を発売。
2011年は自己最多全国13ヶ所を廻る弾き語りソロツアー TOUR 2011″LUCKY 13″を行い、11月にはその模様を収めた初のライブDVDを発売。
2012年にはR&B/ジャンプ・ブルースを代表するUSの大御所サックス・プレイヤー、
ビッグ・ジェイ・マクニーリーの約16年ぶりとなるジャパン・ツアーのピアニストに抜擢。
同年、日本を代表するR&R BAND、マックショウでハリウッドの名門スタジオSUNSET SOUNDにて「GREASY!」を録音。
2013年春にはマックショウのKOZZY岩川氏のソロレコーディングで再び渡米。作品名「THE ROOTS」Little Richard Bandのバックメンバーと共にレコーディングを経験。
2014年は現在アメリカ黒人女性ヴォーカルの最高峰となる、ルイ・アームストロング楽団の専属シンガーとして活躍した
キャリアを持つ伝説の実力派シンガー、ジュウェル・ブラウンと日本屈指のジャズ~ジャンプ・ブルース・バンド、
“ブラサキ”ことブラッデスト・サキソフォンとのレコーディングを経験。
2015年、寺沢勘太郎一家(寺岡呼人、岩沢厚治・ゆず、内田勘太郎)のツアーメンバーに抜擢。
石橋凌氏のツアーも行い、現在は日本屈指のロックンローラーKOZZY IWAKAWA氏のソロアルバム
「THE ROOTS 2」、「MIDNITE MELODIES」のレコーディングに参加し絶賛ツアー中。
その後は再びジュウェル・ブラウンとブラッデスト・サキソフォンとのFUJI ROCK、渋谷クアトロ公演、大好評で終了。
自身の弾き語りソロ、ロックンロールピアノトリオMIKIO TRIO (伊東ミキオ、多田尚人、サンコンJr.)も平行して活動中。
MIKIO TRIOとしては初アナログレコーディングを行い8/7にアナログシングル盤「Swanee River Jump / Southbound Train」を発売。
秋には加山雄三氏のバックバンドメンバーに抜擢。
11月、再来日をしたR&B/ジャンプ・ブルースを代表するUSの大御所サックス・プレイヤー、
ビッグ・ジェイ・マクニーリーと初レコーディング、そして再びライブを決行。
ライブではビック・ジェイお墨付きのブギウギピアノを披露。
2016年、八代亜紀さんのブルースバンドのバンマスに抜擢。各フェスで好評を得ている。
藤井フミヤ氏のファンクラブ限定のCOREVツアーにも参加。
10/15(土)日比谷野外大音楽堂にて行われたTHE MODSの35周年を祝うライブに参加、
翌日16日(日)も同じく場所で行われた日本最高峰のR&RBANDマックショウのライブにも参加。
初の野音2daysを経験。

関連記事一覧

about ClipMagazine

Clip Magazineは福岡・佐賀・長崎のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州のイケてるヒト・モノ・コトにフィーチャーしてお届けします。
Clip Magazine