嬉野観光秘宝館で、都築響一ら豪華ゲスト参加のビデオトークライブを開催

img_hihoukan
アート

昭和58年、当時の金額で7億円かけて作られた日本最大の秘宝館。平成26年3月31日をもって営業を終了することが伝えられ、そのニュースは全国のファンから多くの悲しみの声が寄せられました。

広告

その秘宝館で、閉館後の4月20日(日)に、前野健太さんと秘宝館の天才画家、樺山久夫さんの御子息、倉地久美夫さんのライブイベント「嬉野観光秘宝館のお葬式」が開催されます。当日は秘宝館を貸し切り、目玉であるハーレムの間がイベントスペースに変わります。後世に語り継がれるイベントになるでしょう!

 

嬉野観光秘宝館は、樺山久夫さんの絵が最も飾られてる所でもあることで有名ですが、この日を最後に肉眼で見る機会は少ないと思われます。「当時2億円かけて作られた展示物(蝋人形やあんなモノやこんなモノまで)を破格値で売りさばきます!」とのこと。佐賀・嬉野の歴史を刻んだ秘宝館の最後を見届けよう。

 

Photo rights reserved by puicochi

イベント概要

『嬉野観光秘宝館のお葬式』

  • 出演:都築響一(トーク)/ 前野健太(ライブ) / 倉地久美夫(ライブ)/ ほか
  • 会場:嬉野観光秘宝館
  • 住所:佐賀県藤津郡塩田町大字大草野丙13
  • 日程:2014年4月20日(日)
  • 時間:開場13:00 / 開演13:30
  • 金額:前売¥4,000 / 当日¥4,500(税込) 入場整理なし
  • 注意事項:*18歳未満は入場出来ません。
  • 券売:2014年2月23日(日曜日)
  • チケット申し込み:20時から件名に『秘宝館フェス前売り希望』と送信して下さい。
    hihoukan.fes@gmail.com 入金確認後、前売りチケットを発送します。(送料込み)(キャパ150名)

嬉野観光秘宝館のお葬式

アクセス

高速道路 長崎道 嬉野ICより、国道34号線を武雄方面に久留米で10分

ゲスト紹介:都築 響一

1956年、東京生まれ。76年から86年までポパイ、ブルータス誌で現代美術、建築、デザイン、都市生活などの記事をおもに担当する。89年から92年にかけて、1980年代の世界の現代美術の動向を包括的に網羅した全102巻の現代美術全集『アート・ランダム』を刊行。以来現代美術、建築、写真、デザインなどの分野での執筆活動、書籍編集を続けている。1993年、東京人のリアルな暮らしを捉えた『TOKYO STYLE』刊行。1996年発売の『ROADSIDE JAPAN』で第23回・木村伊兵衛賞受賞。現在も日本および世界のロードサイドを巡る取材を続行中である。

ゲスト紹介:前野 健太

ハッピーランチ
前野健太
SPACE SHOWER MUSIC

ゲスト紹介:倉地 久美夫

I heard the ground sing
倉地久美夫
インディーズ・メーカー

主催

  • 主催:秘宝館フェス実行委員会
  • 協力:旅館 大村屋・THE BEEHIVE DELUXE・atelier FLOAT・ポッポコピー・ジ・アザー・カラフルブティック モア・PEARL・プペドソン・チクロヘアー・makumo・ヨットハーバー・FAITH AND SONS・喫茶 回・BAR モア・フリークシーン・ヘアサロン夢屋・EVE・821
  • チケットに関する問い合わせ先:BEA 092-712-4221
  • イベント内容に関する問い合わせ先:hihoukan.fes@gmail.com

関連記事一覧

about ClipMagazine

Clip Magazineは福岡・佐賀・長崎のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州のイケてるヒト・モノ・コトにフィーチャーしてお届けします。
Clip Magazine