【福岡】嘉穂劇場の芝居小屋音楽フェス「GOTTON JAM」の追加アーティストやタイムテーブルを発表!

press_cover_vol2_3
イベント

6月30日(日)、国の登録有形文化財 嘉穂劇場で開催される芝居小屋音楽フェス「GOTTON JAM」に、地元アーティスト DJありがとうLo-p らの出演が決定。

広告

今年で8回目を迎える芝居小屋音楽フェス『GOTTON JAM(ゴットンジャム)』。昭和初期からの歴史を持つ芝居小屋 嘉穂劇場でアーティストがLIVEを繰り広げるほか、劇場内では地元筑豊の酒蔵の日本酒や地元グルメを楽しめる。

イベント概要

『GOTTON JAM 2019』
日程:2019年6月30日(日)
時間:開演 13時 / 終演 21時(予定)
料金:大人 3,500円
小学生以下無料 / 学生は当日学生証提示で1,000円キャッシュバック
会場:嘉穂劇場
住所:福岡県飯塚市5-23
電話:0948-26-4777
Mail:ivory@skipskip.net
HP:http://gottonjam.jp/
出演:SANABAGUN. / KAKATO / 溺れたエビ! / HABANA / 掟ポルシェ / その他
主催:GOTTON JAM実行委員会 / 株式会社トーン

Pコード:147-249

嘉穂劇場について

kaho

嘉穂劇場は、炭鉱で栄えた筑豊を代表する芝居小屋で、前身の「中座」は筑豊地方の炭鉱で働く人々の娯楽施設として1922年に開場した。
芝居の場面転換に使う「廻り舞台」と、役者が奈落より登場する「迫り(セリ)」を人力で稼働させているなど、昔ながらの芝居小屋の機構がそのまま残っており、「明治期から昭和初期に筑豊地方に建築された劇場建築の唯一の遺構」として2006年に国の重要有形文化財に、2007年には経済産業省より近代化産業遺産として認定された。
現役の芝居小屋として、市川海老蔵が毎年公演を行う他、2000年には椎名林檎による一夜限りのライブが行われたり、近年では水曜日のカンパネラ、the HIATUSのライブ会場としても使用された。

出演者紹介

A_9DksZS

DJありがとう

5年くらい前に何の前触れもなく始めたDJで時折発作的にネット上にMIXをアップロードし、どこかの誰かはきっと聞いてくれて居るんだろうと自分を慰めている。実績めいたものは特にないけれど綺麗に魚を食べることで居酒屋のママには一定の評価を得ている。

lop

Lo-p

2013年より福岡を拠点にDJとしてのキャリアをスタート。タンザニア人の父、ロシアの血が入った日本人の母、両親の影響で幼い頃からBlack Musicを中心とした音楽をよく聴く家庭で育ったこともあり、幅広いジャンルのミキシングを得意とする。Hiphop, Grime, Garage, Juke / Footwork, Dancehall, Dubなど、”低音”を軸に独自のプレイスタイルで活動中。また、2017年にはクロアチアのBass Musicの祭典 OUTLOOK FESTIVAL のローンチイベント OUTLOOK FESTIVAL JAPAN LAUNCH PARTY、その LAUNCH PARTY の出場権を賭けてのコンテスト Road to Outlook のFINALISTとして出演し、全国的に幅を広げている。

gj_art1

Mr.coNYroo

学生期より弦楽器などを学び、Thee cat fish paddy field としてバンド活動を始め、渋谷 O-NESTでのライブやライブハウス渋谷屋根裏のコンピレーションアルバムに収録されるなど、多岐にわたり活躍。ソロとなり、DJ活躍において新木場agehaでのメインアクトや渋谷vision.asia.harlemなどhiphopを軸に、それぞれメイン会場でのプレイを重ね、自らも渋谷、恵比寿、代官山に渡りイベント主催を多数開催。

gardenars

ザ ガーデナーズ

バイオリン・ギター・パーカッション3人によるジャパニーズアイリッシュ=ジャパリッシュバンド。福岡市を中心に活動中。

2tone

2トンボーイズ

Roots Reggae 、Lovers Rock、DUB、和レゲエ等で夜の街をロックし続ける Chackie Mittoo と Dancehall Reggae を突っ走る FAT SMITH により2018年某日、福岡親不孝通りの老舗CLUB『The Dark Room』にてテキーラを呑み交わし、突如結成された2トンボーイズ。1960年代のジャマイカのオリジナルスカに影響を受けた英国の音楽家達が1970年代パンクとスカを融合させムーブメントを起こした2TONEのレコードを中心に回す。

タイムテーブル

tt

オリジナルおちょこでフリー試飲

gottonjam_ochoko_cover
500円のおちょこを購入すると、地元筑豊が誇る4つの酒造の日本酒が試飲可能。今回は夜の時間帯からゆっくりと楽しむことができる。

古着着物販売ブース

着物画像

浴衣で来れない方のために、その場で古着浴衣を購入して、和の服装でフェスを楽しめる「古着着物販売ブース」も用意。宮若市に本店を置く「きものや由布(ゆう)」セレクトのもと、古着ならではの一点ものが勢揃い。1点1,000円〜の販売と、リーズナブルに和装を楽しむことができる。

アクセス

関連記事一覧

about ClipMagazine

Clip Magazineは福岡・佐賀・長崎のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州のイケてるヒト・モノ・コトにフィーチャーしてお届けします。
Clip Magazine