• HOME
  • 記事
  • イベント
  • 佐賀県初のスタジオジブリ展覧会「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」佐賀県立美術館

佐賀県初のスタジオジブリ展覧会「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」佐賀県立美術館

この男がジブリを支えた 近藤喜文展
イベント

佐賀県で初となるスタジオジブリの展覧会が開催されます。
今回は「赤毛のアン」「火垂るの墓」などのキャラクター・デザインや作画監督を、「耳をすませば」では監督を務めた近藤喜文(こんどう・よしふみ)氏にスポットをあて、生前手がけたアニメーションのイメージボードや原画、イラストなど約500点を紹介します。

広告

清潔な人柄と温かな眼差しから生まれた近藤喜文氏の世界。
彼が手掛けた「未来少年コナン」「赤毛のアン」「名探偵ホームズ」「リトル/ニモ」「火垂るの墓」「魔女の宅急便」「おもひでぽろぽろ」「紅の豚」「耳をすませば」「もののけ姫」といった原画をとおして、作品をふりかえり、あらためてアニメーションの楽しさに気づく機会に。

会期中は、子どもから大人まで楽しめる様々な関連イベントが開催されます。

イベント概要

この男がジブリを支えた。近藤喜文展
日程:2016年10月7日(金)〜12月4日(日) ※月曜休館
時間:9:30 ~ 18:00
会場:佐賀県立美術館 2号・3号・4号展示室
住所:佐賀県佐賀市城内1-15-23
観覧料:大人1200円(前売り券1000円) / 高校生以下無料
/ 障害者手帳保持者及び、その介護者1名無料
電話:0952-23-9112 この男がジブリを支えた。近藤喜文展実行委員会事務局(サガテレビ事業企画部内)

人物紹介

近藤喜文(こんどう よしふみ 1950-98)

新潟県五泉市に生まれ育った日本屈指のアニメーター。
スタジオジブリの高畑勲・宮崎駿両監督から厚く信頼を寄せられていた。唯一の長編監督作品『耳をすませば』(1995)で大成功を収めるが、その後しばらくして急逝した。

主な関連作品

「未来少年コナン」1978年/「赤毛のアン」1979年/「名探偵ホームズ」1982年/「リトル/ニモ」(パイロットフィルム)1984年/「火垂るの墓」1988年/「魔女の宅急便」1989年/「おもひでぽろぽろ」1991年/「紅の豚」1992年/「耳をすませば」1995年/「もののけ姫」1997年

「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」キャンペーン

展覧会ラッピングバスの運行

この男がジブリを支えた 近藤喜文展

展覧会初日の10月7日(金曜日)から「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」の佐賀市営バスのラッピングバスを運行します。


展覧会コラボメニューの販売

施設内ミュージアムカフェ「cafeTRES」にて、展覧会コラボメニューの販売を予定。

関連イベント

ギャラリートーク(終了しました)

スタジオジブリで制作を務めた田中千義プロデューサーをお招きし、ギャラリートークを開催します。近藤喜文さんとの思い出や、アニメーション制作現場の様子、スタジオジブリ作品の魅力などお話いただく予定となっています。
田中千義/『火垂るの墓』や『耳をすませば』、『もののけ姫』など、数多くのスタジオジブリ作品で制作を担当。
現在スタジオジブリイベント事業室プロデューサー。

終了しました
日時:平成28年10月7日(金)10:00~
場所:美術館2号・3号・4号展示室
《解説者》プロデューサー 田中千義氏(スタジオジブリ)
※参加費、事前申し込みは不要です。
※但し「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」観覧チケットが必要です。


吹奏楽コンサート・「耳をすませば」上映会

この男がジブリを支えた 近藤喜文展日 時:2016年10月15日(土曜日) 18時~19時
山の音楽家Shanaによるオカリナとギターの美しいハーモニーで、ジブリ映画の名曲や童謡などをお届けします。
日時:平成28年10月15日(土)18時~19時 【入場無料】
場所:佐賀県立博物館中庭アラカシ広場(雨天時は博物館エントランス)

《曲名》
カントリーロード(ジョン・デンバー)、
テルーの唄(谷山浩子)、となりのトトロ(久石譲) ほか


吹奏楽コンサート、「耳をすませば」上映会

<吹奏楽コンサート>
佐賀大学教育学部附属中学校によるジブリ作品中の名曲を演奏
日時:平成28年10月23日(日)
場所:佐賀県立美術館ホール
12:30~開場
13:00~開演(約30分)
観覧料無料


「耳をすませば」上映会

耳をすませば
<映画「耳をすませば」上映会>
日時:平成28年10月23日(日)
場所:佐賀県立美術館ホール
14:00~開場
14:30~上映(約2時間)
観覧料無料
※但し「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」観覧チケットまたは半券が必要です。当日購入に限らず、観覧後の半券でも受付可能です。
※12:00より佐賀県立美術館ロビーにて上映会用整理券を配布します。
日時:平成28年11月5日(土)
場所:佐賀県立美術館ホール
第1部
10:30~開場
11:00~上映(約2時間)
観覧料無料
※但し「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」観覧チケットまたは半券が必要です。当日購入に限らず、観覧後の半券でも受付可能です。
※9:30より佐賀県立美術館ロビーにて上映会用整理券を配布します。
第2部
14:30~開場
15:00~上映(約2時間)
観覧料無料
※但し「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」観覧チケットまたは半券が必要です。当日購入に限らず、観覧後の半券でも受付可能です。
※13:00より佐賀県立美術館ロビーにて上映会用整理券を配布します。


カオナシがやってくる!

sub6
平成28年10月29日(土)、30日(日)
「千と千尋の神隠し」に登場するカオナシが美術館にやってくる!
時間はカオナシの気分次第。出会えたら記念写真を撮ろう!


ナイトミュージアム

通常18:00閉館ですが、佐賀開催を記念して下記の2日間に限り、20:00まで開館します。昼とはまた違う夜の美術館を味わってみてください。
<1回目>
平成28年10月15日(土)
※あらかしコンサート開催時

<2回目>
平成28年11月19日(土)
※佐賀さいこうフェス開催時


『佐賀でジブリに会えるきっぷ』

西鉄高速バスと佐賀市交通局とのタイアップで、9月24日(土)から12月4日(日)までの期間限定で、「佐賀でジブリに会えるきっぷ」を発売しています。
【内容】
①高速バス 福岡~佐賀線(わかくす号)往復乗車券
(西鉄天神高速バスターミナル~佐賀駅バスセンター)
②佐賀市営バス往復乗車券(佐賀県バスセンター~博物館前・サガテレビ前)
③佐賀県立美術館「近藤喜文展」入場券(引換券)

【発売期間】平成28年9月24日(土)~平成28年12月4日(日) 
【有効期限】平成28年10月7日(金)~平成28年12月4日(日)
【発売窓口】西鉄天神高速バスターミナル
【価格】 3,000円 最大560円おトク
※小児・障がい者割引はございません。

【特典】 当きっぷの入場券(引換券)は美術館受付にて入場券とお引き換えください。入場券と一緒に特典として、近藤喜文展佐賀開催記念オリジナルシールをプレゼントします。

フォトレポート

関連記事一覧

about ClipMagazine

Clip Magazineは福岡・佐賀・長崎のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州のイケてるヒト・モノ・コトにフィーチャーしてお届けします。
Clip Magazine