• HOME
  • 記事
  • 佐賀
  • サガン鳥栖 鎌田大地 – リーグ初出場18分間で劇的同点ゴール。ものすごいポテンシャルを秘めた18歳が鳥栖にやってきた!

サガン鳥栖 鎌田大地 – リーグ初出場18分間で劇的同点ゴール。ものすごいポテンシャルを秘めた18歳が鳥栖にやってきた!

サガン鳥栖
佐賀

松本山雅(やまが)に対して1点のビハインド。豊田陽平の7戦連続ゴールを信じゴール前に何度も放り込むが、集中切らさぬディフェンダーが粘り強くはね返す。時計の針だけが進み、サガン鳥栖はゴールへの糸口をなかなか掴めない。試合はまもなくアディショナルタイムに突入。せめて同点に…。見守る1万人の観客の思いは、1人のルーキーのひと振りで結実した。

広告

クロスの跳ね返りに素早く反応すると、ダイレクトで右足を振り抜く。ボールは狙い通りゴール左隅に吸い込まれ、スタジアムが大歓声に包まれた。

まだ一年目なのに!?「やっと出れた」

鎌田大地、背番号24。先制を許した8分後の後半27分に投入されたのは、それまでリーグ戦出場経験のなかった18歳でした。初めてのJ1リーグ戦のピッチに立つと、1年目とは思えぬ堂々としたプレーぶりで鳥栖の中盤に安定をもたらし、サガンが相手を押し込む展開に。後半30分にはチーム屈指のクロッサーであるキム・ミヌ選手と重なるも遠慮せずにクロスを送り決定機を演出。さらに36分、今度は相手の意表をつく角度にパスを通し豊田選手のシュートにつなげました。難しい場面で投入されながら上手く流れに乗り、自分の持ち味を遺憾なく発揮する強心臓ぶりには驚きです。

愛媛県出身、京都の東山高校を卒業したばかりの鎌田選手は、守備的ミッドフィルダーからフォワードまでこなせる、オールマイティなプレイヤー(※)。試合後のインタビューで初出場初ゴールの感想を訊ねられると、「素直に嬉しいけど、ここまで来るのにすごく時間がかかった。やっと決められてホッとしています」と、まだ入団1年目の5月なのに、高い目標を掲げていたことがうかがえます。

クラブ史上最年少ゴールという記録を残した彼の出身校は、私の地元に近いこともあり、入団した当初から活躍を楽しみにしていました。が、こんなにも早く、しかも初ゴールの瞬間を生で見られるとは!

試合後、自宅に帰ってすぐに試合を見直しました。やはり顕著なのはボールの持ち方の上手さです。パス、シュート、ドリブル。あらゆるプレーを選択できる位置にボールを置くので、相手にとっては対峙しづらい選手でしょう。解説の玉野淳さんは「デビュー当時の香川真司選手のようだ」と鎌田選手のポテンシャルの高さを感じていました。

本田圭佑ばりの高い向上心

「1年目から出ないと駄目。自分が見てるのはもっと上。海外でやりたいし、代表を背負って戦いたい」(※2)

入団直後のキャンプ時から向上心の高さを垣間見せ、ファンの期待を集めた鎌田選手。個人的にも自分に縁のある土地から鳥栖にやって来たということで、彼のプレーを観るのを楽しみにしていました。

ガンバ大阪ジュニアユースからユースチームへの道を閉ざされ高校サッカーへ、というルートは本田圭佑選手と同じ。東山高校は、元メジャーリーガーの岡島秀樹投手を輩出し、甲子園にも出場するなど野球のイメージが強いですが、近年はサッカーにも力を入れているようです。南禅寺や永観堂といった文化遺産に囲まれたこの仏教系高校は、敷地内に運動グラウンドがありません。なので、体育の授業やクラブ活動の際は、スクールバスで片道30分ほどの場所にある専用グラウンドに移動するという、ちょっと変わった学校です。しかしながら、数年前に新しくなったグラウンドはきれいな人工芝が整備されていて、スポーツに取り組むにはとても良い環境です。

higashiyama

おっと、そう言えばイラストレーターのみうらじゅんさんも、鎌田選手の先輩になりますね。先日テレビ番組で、入試面接の際に仏像の素晴らしさを熱弁すると、校長先生から「君みたいな生徒を待っていたんだ!!」と言われ、「あ、オレ受かったな、と思いました」というエピソードを話されていました。みうらさんが原作を手がけた映画「色即ぜねれいしょん」の舞台にもなっています。

今のサガン鳥栖なら直接海外移籍もありえる!?

監督が変わっても、レギュラーの顔ぶれがほとんど変わらない昨今のサガン鳥栖において、18歳の活躍はチーム内競争を活性化させる起爆剤にもなりそうです。入団後、期待されながらもスタメン争いに割って入れていない若手選手らは、1年目からでもレギュラーを獲得する意気込みで取り組む鎌田選手の存在に刺激を受けているのではないでしょうか。最近は先発メンバーが固まりすぎている傾向にあるので、世代交代問題も浮上しつつあります。鎌田選手だけでなく、20歳前後の選手がリーグ戦で躍動する姿をもっと見たいですね。

クラブとしても、高い目標を持っている選手は、移籍金で収入を捻出できるので貴重な存在。現在のサガン鳥栖ならJ1の強豪クラブを経ずに直接海外へ、なんてこともなきにしもあらずでしょう。スタジアムへ行くと、クラブの歴史がどんどん塗り替えられようとしているのを直接感じられますし、その歴史の目撃者になっていると思うと本当にワクワクします。


写真は佐賀県鳥栖市 Facebookページより

※1 情報元:スカパー!試合中継
※2 【J1注目株】鳥栖・鎌田 ビッグマウスもそっくり「本田の道」歩む新人http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/03/04/kiji/K20150304009911810.html

関連記事一覧

about ClipMagazine

Clip Magazineは福岡・佐賀・長崎のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州のイケてるヒト・モノ・コトにフィーチャーしてお届けします。
Clip Magazine