DELI COTOCO:徳山研一 – 佐賀の街なかで小さなフランスを感じてほしい

img_delicotoco_tokuyama
インタビュー

4月にオープンしたマチノシゴトバCOTOCO215。ここに併設されたカフェ「DELI COTOCO」は、佐賀の食材、有機・無農薬、生産者の顔が見える・体に優しい、などをキーワードに、美味しく幸せになる料理の提供を目指ざす呉服元町のカフェ。

フランス料理をベースにした洋風メニューを、テイクアウトとCOTOCO215内でのイートインスタイルで提供。主なメニューは、自家製パン、フランス・ブルターニュ名物ガレット、季節野菜のキッシュ、手絞りのフレッシュジュース、COTOCOオリジナルブレンドのこだわりコーヒーなど。

今回はシェフの徳山研一さんにお話を聞いてきました。
DELI COTOCO

佐賀の食材を積極的に利用しています。

– DELI COTOCO と COTOCO215の関係を教えていただけますか?

今回オープンした「マチノシゴトバCOTOCO215」は、ビジネスマンや学生さんなどのコワーキングスペースとして利用していただいています。COTOCO215では、仕事場としての役割だけでなく、コミュニケーションの場としても利用していただきたいと思っています。その手段の一つとしてカフェの機能を持っています。そのカフェを手がけるのがDELI COTOCOになります。

DELI COTOCOでは、佐賀の食材を積極的に使用して、体に優しい・美味しく食べて幸せになれる、などをテーマにつくったカフェです。料理もフランス料理を参考にしたメニューが多いですが、お店自体もフランスの街角カフェをイメージしています。

 

DELI COTOCO

街なかで食べ歩きも。

– なぜ、フランスなのでしょう?

ホテルのシェフとしてフランス料理に長く携わっていたり、実際にフランスに滞在した経験があり、フランスの田舎料理の延長である本場のフランス料理を、手軽に体験してほしいと考えていました。ブルターニュ地方の名物であるガレットや、自家製パンなども日本の方に馴染みやすいテイストを考慮しながら、レシピをつくりました。
とくにガレットはぜひ一度食べていただきたいメニューです。ガレットとはフランスの家庭料理として知られていますが、クレープの様な生地で具材を包んだ料理になります。DELI COTOCOではそば粉を使用したガレットで、チーズ・ハム・卵などを包みます。ボリュームもあり、食べ応えがあります。季節によってはオレンジや柑橘系の入ったガレットのメニューも提供します。

クレープの生地は小麦粉ですが、ガレットはそば粉を使用しているので、口当たりも軽いですよ。テイクアウトもできますので、この呉服元町の街なかで食べ歩きも良いかもしれません。

 

DELI COTOCO

佐賀の街なかで小さなフランスを感じて。

– 今日も自家製パンが完売したと聞きました。

はい。ほぼ毎日、自家製パンを販売しています。おすすめはフランスのカフェでは定番のクロックムッシュです。パンにハムとチーズを挟んでトーストしたメニューです。
パンは、お店で粉から練って作った自家製パンです。日によって大きさや形が違う焼き立てパンを提供していますので毎日来ても飽きないと思いますよ。

 

– コーヒーと一緒にテイクアウトして、テラスで風を感じるランチもいいですね。

「コーヒー師」と呼ばれるコーヒー焙煎のスペシャリストに依頼した「COTOCOオリジナルブレンド」はぜひ一度試していただきたいメニューです。コーヒー豆の種類だけでなく、天候や気温まで考慮された焙煎がこだわりです。
COTOCOブレンドのほかにも、フレンチプレスコーヒーもご用意しています。フルーティーな味わいが魅力ですが、季節ごとに豆を変えるなど、常連の方にも楽しんでいただけるよう考えています。

 

テラス席は、街の雰囲気もありこれからの季節はオススメです。
このテラス席側の通りには、フランスをはじめとしたヨーロッパをキーワードにしたお店が並んでいます。佐賀の街なかで小さなフランスを感じていただけるとうれしいですね。

 


シェフ:徳山研一

シェフ:徳山 研一

1969年10月2日 熊本市出身
九州大学理学部で化学を専攻するも、一人暮らしの自炊生活で料理に目覚める。大学卒業後大阪あべの辻調理師専門学校に入学、料理のイロハを学ぶ。二年次には辻グループのフランス校へ進学、フランス・リヨン近郊に約1年の滞在中、学校及びミシュラン1つ星レストランで研修する。
帰国後、長崎県佐世保市のハウステンボスに入社、ホテルの調理師として約16年勤務する。縁あって、佐賀県鹿島市に移り住み、地元のフレンチレストラン″ラ・ポム.″を引継ぎ独立、およそ3年半地元密着のレストラン経営に励む。ラ・ポム.のお客様のご縁でこの度cotocoの飲食部門DELI COTOCO担当として動員される。
幼少期からの食育、ホテル時代の教え(食材の感謝、お客様に感謝、仲間に感謝)、ラ・ポム.での人脈(お客様、″NPO法人食彩かしま″をはじめとする生産者や仕入先)に支えられて、新たに佐賀の地で皆様に貢献したいと考えている。
趣味はクラシック音楽。クラリネットとピアノ小学生から続けて約30年、現在も佐世保市民管弦楽団に所属しクラリネット担当で活動している。チェンバロやリコーダーといつた古楽の分野にも興味を持ち仲間と演奏を楽しむ。料理にも音楽のセンスが反映されているかも…。その他旅行(フランス行きたい!)、ワインなど。

店舗情報

名称:DELI COTOCO
住所:佐賀県佐賀市呉服元町2-15
電話:0952-37-5883
WEB:http://co-cotoco.jp/

アクセス

関連記事一覧

about ClipMagazine

Clip Magazineは福岡・佐賀・長崎のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州のイケてるヒト・モノ・コトにフィーチャーしてお届けします。
Clip Magazine