【SOLD OUT】6月17日、ジプシージャズ楽団「Bim Bom Bam楽団」初の佐賀公演を開催

「Bim Bom Bam楽団
Routes

受付を終了いたしました。

元PE’Z主宰でトランペッターのOhyama”B.M.W.”Wataru率いるジプシージャズ楽団「Bim Bom Bam楽団(びんぼんばんがくだん)」が、5月20日に発売するアルバム『B』のリリースツアー佐賀公演を開催。

広告

BimBomBam楽団の全国ツアー『Be Free』を、全会場入場無料で開催したいというクラウドファンディング達成に伴い、お食事代のみでライブをお楽しみいただけます
50名限定の受付となりますのでこの機会をお見逃しなく。

ご予約はお早めに!

当日は諸富町の人気店wood-style cafeの食事付きライブとなります。

イベント概要

Bim Bom Bam楽団 アルバム「Be Free」リリースツアー佐賀公演

日程:2017年6月17日(土)
時間:開場 18:30 / 開演 19:30 (ライブ2部構成)
料金:1,500円(wood-styleプレート+ドリンク)
会場:wood-style cafe
住所:佐賀市諸富町大字徳富71-1
電話:0952-47-6638
後援:routes / Clip!SAGA
予約:受付を終了いたしました routeskoga@gmail.com
 希望の公演名、お名前、人数、連絡先を明記して送信してください。

出演者紹介

Bim Bom Bam楽団

Ohyama ”B.M.W.” Wataru (tp)
Tajimi “M.J” Tomotaka (vln)
手島大輔 (g)
ヤマトヤスオ (b)
奥田真広(per)

2015年春頃、元PE’ZのトランペッターOhyama”B.M.W.”Wataruと、日本におけるジャズマヌーシュの第一人者であるギタリスト手島大輔を中心に結成。フランス由来のジャズマヌーシュをはじめ、様々なジプシーサウンドを取り入れ、現代の音楽としてポップなジャズを作り活動中。
マヌーシュギターのバッキングとパーカッションのリズムが軽快に進む中、ラテンジャズスタイルのウッドべースが陽気を誘い、その上でトランペットとヴァイオリンが独特のハーモニーを奏でる他に類を見ない編成。
『食事と人と音楽が溶け合う空間』というコンセプトのもと、生の音楽を食事と共に楽しめるレストランやダイニング、パーティーでのライブを得意とする。
耳にうるさくなく、かつ静かなBGM音楽ではないスタイルで、まさに週末のディナーや、休日のパーティーにはぴったり。お客様と一緒に時空間を作り上げるこの音楽は、人々の生活の一部に溶け込んでいく。

New Album B

全曲書き下ろしの新曲を13曲、2017年3月6-9日に東京でレコーディング。
ジプシージャズを中心に今回新しいサウンドもとりいれ、2017年後半のスタンディングライブ開催にむけて踊れる曲なども収録。夏に向けて気分を上げて行くにはもってこいの一枚。
クラウドファンディングCAMPFIREにて、6月開催のツアー『Be Free』の優先入場券などがついてくる予約購入受付中。

■収録曲
1. 1953
2. Slugs’218
3. シケナギ
4. ザクロの樹~Nostalgic in the garden~
5. 人シンジ吉トナル~It’s a wonderful life~
6. Un poco Loco
7. Double B
8. 明烏
9. 15年の恋~Like a Mayfly~
10. Root134
11. 駕籠舁雲助~Taxi Driver~
12. 9月の空が過ぎたら~Then wake me up~
13. ロバのペリコ~Periko el burro~
mmm-009 一般販売価格 3200円(税込)

フライヤー

ビンボンバン楽団

関連記事一覧

about ClipMagazine

Clip Magazineは福岡・佐賀・長崎のカルチャーをクリップするWEBマガジン。北部九州のイケてるヒト・モノ・コトにフィーチャーしてお届けします。
Clip Magazine